VTuberとはただの言葉だ。音楽ユニット「MonsterZ MATE」は「エンタメ」という区画で戦っている

2020.7.19


ダサいことはしたくない

──VTuberの活動をしてきたがゆえに生まれた曲や考え方はありますか?

アンジョー この活動全部を通じてなんですけど、キャパシティと引き出しが増えました。音楽は準備して作るんですが、エンタメってその場でのアドリブが問われてくる。その経験が不思議なもんでそのまま音楽につながってくることもあります。加えて相方が見たこともない引き出しをどんどん出してくるのを見ていると、これはやる意味大いにあるな、って感じますね。今までと異なったジャンルの活動をしてみて、知ってたことではあるけど「まだまだぼくのこと知らない人がたくさんいる」というのも改めて感じました。そこの刺激はメリットしかない。

──思いがけずやってみておもしろかったことがあったらお聞きしたいんですが。

コーサカ 依頼で曲を作ったらクライアントがばっくれちゃって、こっちで仕上げたってことありますね。もちろんムカついたぶんは曲に載せました。俺は責任の所在をはっきりさせて詰めたいタイプなんですよ、心狭いから。その上で遊ぶ。おもしろかったっすね。結局は自分の心持ちなんだなって。ムカつこうとするのも自分。弱者になって不幸になったほうがまわり優しくしてくれるじゃないですか。だいたいそれって結果おもしろいことにはならないから、だったらおもしろいほうがいい。そういう精神性はこの2年で学びました。

──乗り越えているものがかなり多そうですね。

コーサカ そうですね、MZMは不幸自慢しないだけで、死ぬほどありますね。

──確かに不幸自慢されていないですね、これも一貫した思想が?

コーサカ ダサいからです(笑)。応援してくれている人には関係がないからです。

「MonsterZ MATE」コーサカ。吸血鬼のラッパー。パワフルに攻めるリリックは音の響きがきれいで聞きやすい。普段から思ったことは隠さず言う熱血漢。社交的でVTuberとのコラボも多い
「MonsterZ MATE」コーサカ。吸血鬼のラッパー。パワフルに攻めるリリックは音の響きがきれいで聞きやすい。普段から思ったことは隠さず言う熱血漢。社交的でVTuberとのコラボも多い

──ダサいとかおもしろいとかのラインって、おふたりはどのへんにあるか感覚的にありますか?

コーサカ たぶんその線って直線じゃないんですよ。同じことでもこいつがしてたらダサいけどこいつがしてたらおもろい、ってあるじゃないですか。昨日つまらなかったけど今日めっちゃおもしろいとかもあるから。この線が直線で不変な人はかっこいいと思うし。変化するものであることを認めておかないと、もったいない。その線が1ミリずれていただけでおもしろくなくなるの超もったいない。1ミリだけずらせばおもしろくなるかもしれない。

アンジョー 1個だけ、ダサいのラインは「不義理」なことだと思います。そこが基準になっていると思いますよ。

──MZMは今メジャーデビューもして多様な方面で活躍されてますが、どう戦っていくかなどの思想はありますか?

アンジョー その点に関してはぼくはカテゴリとかは関係なくやってるかな。

コーサカ 「エンタメ」っていう区画で戦ってますね。「音楽」ってところでも戦っているけど。

アンジョー 今は企業も個人も音楽はほんと関係なくなってきたから。あとはどう発信するかと、いかにしていい曲を作りつづけるかの2点だと思う。あとはユニバーサルさんに「どうやったらぼくらはさらに周知されますかね」って。今までもVTuberとしてのインタビューっていくらでもあったんだけど、VTuberという部分より先に踏み込むような取り上げ方をしてくれないんですよ。特にテレビが苦手な理由です。人が興味を持ってくれるのって、もっと根幹の部分だと思うんですよね。物珍しい、というトピックだけで終わらないでほしい。

「MonsterZ MATE」アンジョー
「MonsterZ MATE」アンジョー。狼男のシンガー。聞きやすいクリアなボイスで、ハイトーンを力強く歌い上げる技術に長けている。普段は飄々としているが、情熱的な思想の持ち主

──どうしても現状VTuberとして見てしまうところは出てしまいますね。

アンジョー 当初から違和感としてずっと覚えていたんですよね。「un:c」として「歌い手」とはなんぞやという取り上げ方をされたときからずっと思っていたんですが、そんなところを見せたところで世間は振り向いてくれないんですよ。どれだけ珍しいか、話題になるか、メディアの多くはそういうところしか見ない。中身は普遍的であるべきだと思うんです。

コーサカ おもしろいものを作る。いい曲を作る。それを徹底してMZMはやっているわけですね。


この記事の画像(全5枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

たまごまご

Written by

たまごまご

道民ライター。『ねとらぼ』『Mogura VR』などのWEBメディアや、雑誌『コンプティーク』『Vティーク』『PASH!』などで執筆中。マンガ、アニメ、VTuber、サブカルチャー中心に活動中。『仕事のマナー「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ!』などなど発売中。バーチャルプラットフォーム..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太