安達祐実×桑島智輝、1万枚以上の写真で記録された夫婦の物語

2020.7.9


「写真への気持ちが明らかに変わった」

『我我』より

――それはおふたりならではの関係性ですね。一転して、出産後の写真は明るいイメージです。

桑島 安達さんの変顔がだんだん目立ってくるね。

安達 私もそれ思った! すごい変顔してるよね(笑)。テンション上がってきたのかなぁ。あともう泣かないよね。ほぼ。

――涙がなくなった理由はなんでしょう。

安達 単純に子育てが楽しいっていうのもあると思うし、仕事が順調っていうのも大きいと思うし。あとは……。

桑島 僕の失態に関して寛容になったっていうのもあると思う。

安達 なんか、もういい加減この4年間で、「これだけ言っても変わらないんだから、変わらない」みたいなのがわかって。いちいちイライラしてるってすごい無意味だなぁって、納得できるようになったんだと思うんですよね。でもちょっと前に「君には寛容さと許しの心が足りない」ってすごい言われて。

――ええ!

安達 それはさすがにブチ切れたんですけど(笑)。

桑島 はい。

安達 でもまあ昔に比べたらだいぶ「自由に写真を撮ったらいいんじゃない?」という気持ちになっていると思います。

――安達さんはずっと撮られつづけるなかで、写真に変化を感じますか?

安達 出会ったころとは全然違うと思いますよ。昔は「こうやったらおもしろい」みたいな、意識して実験的な撮り方をしている時期もありました。一緒におもしろがれたから、それがよくないとかではないんですけど。

桑島 昔、葉山にご飯に行くつもりが全部撮影になって、宿に戻ったのが午前2時とかあったね。最後すごいぐったりしてて。

安達 あははは。

桑島 芸術のためなら家族も殺す、じゃないですけど私生活を撮る上で関係性はイーブンであるべきなので、今はもちろんそんな撮り方はしていません(笑)。

安達 この人にとっては写真が一番だから、そういう人にいつも撮ってもらえるっていう環境は幸せだなあとは思いますよ。

桑島 おかげさまで自信がつきましたし、「ここで今撮ったほうがいいな」っていう勘みたいなものも養われました。今はちゃんとその人を見て撮ってるっていう感じが強くて、写真への気持ちは明らかに変わりました。

夫婦には、みんなそれぞれに物語がある

―― 『我我』を通して、おふたりが表現したいことはなんでしょうか。

桑島 単純に「私たちがいたことを残していく」というのがひとつあります。本になると、肉体は滅んでもある程度のところまで残っていくと思うので。あとは……みんないろいろあって大変だけど、生きてればなんとかなるっていう。死んだら終わっちゃうから。

安達 死んだら終わり。しょっちゅう言うよね。

――生きてなきゃだめだと。

桑島 そう。生きるって楽しいけど大変だよね、大変だけど楽しいよねって。普段誰かに見せている写真って「口当たりがいい写真」じゃないですか。でも実生活はそうではない。すごい怒られたりとか、泣いたりとか実際あるし。でもそうなっても結局いいし、だいたいみんな同じだと思うよ、ということを提示できたらいいんじゃないかなって。

安達 私のWEBサイトを見て「幸せで穏やかな夫婦」っていうふうに思ってもらってるんですけど、それってちょっと……くすぐったい、完全な事実じゃないと感じてて。私たちの写真は、ひとつの夫婦のお話でしかなくて、みんなそれぞれに物語がある。これがすべてじゃないし、それぞれがそれぞれの物語を生きている、っていうのがこの本を見てわかる。そんな気はしました。私自身、桑島さんに写真を撮ってもらうまで、「自分って本当につまらない」って思ってたんですよ。でも写真を見て、そうじゃないかもしれないっていう可能性を見出せたから。そのように感じてもらえたらいいなと思いますね。

桑島智輝 写真展 「前我我後」

写真集『我我』の撮影期間中の未発表作品や、タイトルどおりその「前後」の日々を追加した、419点の写真を展示。俳優という、被写体としてこの上なく強固な“イメージ”に徹底的に抗い、剥き出しの人間性を引き出すことに成功した写真家・桑島智輝の“表現の新境地”ともいえる展覧会。

開催期間:7月12日(日)まで
会場:GALLERY X(渋谷パルコ地下1階 / 東京都渋谷区宇田川町15-1-B1F)
営業時間:11:00~21:00
※新型コロナウィルス感染拡大防止につき変動の可能性があります。その場合は渋谷パルコの営業時間に準じます。
入場料:600円(税込・入場特典有)
※事前予約制

安達祐実(あだち・ゆみ)
女優。1981年生まれ、東京都出身。桑島と結婚後、2016年に第二子を出産。公式サイトには桑島が撮影した安達の写真が多数掲載されている。
桑島智輝(くわじま・ともき)
写真家。1978年生まれ、岡山県出身。2019年だけで『欅坂46 守屋茜写真集 潜在意識』『池田エライザ ファースト写真集 pinturita』『えなこ 1st メジャー写真集 cosplayer』など、多数の写真集や雑誌で撮影を担当。

この記事の画像(全6枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



続木順平

Written by

続木順平

(つづき・じゅんぺい)『クイック・ジャパン』編集長。随時ネタ募集しております!

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太