「原因は自分にある。」インタビュー――アイドルシーンを刷新していく可能性を秘めたEBiDAN最年少グループ

2020.6.27

きっかけを与えられるアーティストに

――原因は自分にある。は、目標のひとつに東京ドームを掲げてますが、活躍するアーティストに必要な資質ってなんだと思いますか。

長野 探求心がすごいことじゃないですか。ライブする側として自分がワクワクしてないと、お客さんをワクワクさせることってできない気がします。大きいステージに立ってる人って、いつでも新しいことを探してるイメージがあります。

杢代 俺はオンオフがしっかりつけられることかな。パフォーマンス中はめちゃくちゃかっこいいのに、MCになるとおもしろいみたいな。魅せるときと自然体なときを、使い分けできる人は強いですよね。

――大倉さんは、いかがですか。

大倉 人一倍努力することと負けない心を持つこと、ですね。知名度が上がると、俺たちに好意的じゃない人も増えるわけで。そういう瞬間に直面したときに、くじけないタフさって必要ですよね。負けない自分をしっかり持って、メンバーと支え合ってあっていけば、そういう場所にも立てるんじゃないかなって思います。

――では最後に、これからの原因は自分にある。は、どうなっていくと思いますか。

大倉 とても大きなグループになっていると思います! とか言っちゃって(笑)。

吉澤 未知数でわからないんですけど、どうなっていっても軸は変わらない気がします。大切なものはブレないというか。

――その軸ってなんですか。

吉澤 ……なんですかね(笑)。

大倉 最高だわ(笑)。それぞれの思いは変わらず、7人で協力して上へ上がって行くみたいな?

吉澤 そういうのもありつつ……。

大倉 違うんかい! ありがとう、飲んでくれて(笑)。

吉澤 軸があっての枝、みたいな。大きくなっていっても、根本的な僕たちは変わらないんだろうなっていう。

武藤 僕は誰かにとって前を向くきっかけとなるアーティストになりたいですね。「原因は自分にある」ってネガティブな発言で使われがちだけど、僕たちが言葉のイメージを変えていけたら誰かの背中も押せると思うので。この話、みんなにも初めて伝えたわ……(笑)。

大倉 じゃあ、それを俺たちの目標に入れよ!

小泉 まずはパフォーマンスをしっかり磨いて。

大倉 何年かかってもいいから、俺らの成長を皆さんに見せないとだね。大きいステージに立てるようになったとき、デビュー時と比べて「こんなに違うんだ」って感じてもらわなきゃ。俺らの成長が、誰かにとって「この人たちみたいにがんばろう」って思うきっかけになると信じてます。

原因は自分にある。
2019年7月にBATTLE STREETとして活動をスタート。同年8月に「原因は自分にある。」に改名し、前衛的な歌詞やパフォーマンスを重ねている。


毒親となった母との汚部屋ぐらし……これが半自伝!?大反響のマンガ『汚部屋そだちの東大生』とは(PR)

ライター_坂井彩花

WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ