SKY-HIが『THE DEBUT』で手にしたアーティストとしての“自由”。BMSGがもたらした表現者としての次のステージ

2022.12.25
SKY-HI

トップ画像=SKY-HI『THE DEBUT(CD+2DVD)』
文=坂井彩花 編集=森田真規


2022年12月12日、その日に36回目の誕生日を迎えたSKY-HI(スカイハイ)の6作目のオリジナルアルバム『THE DEBUT』がリリースされた。

前作『八面六臂』からの1年2カ月、主宰したオーディション『THE FIRST』から誕生したBE:FIRSTの1stアルバム『BE:1』をプロデュースし、自身のリリースツアーを2回行い、代表取締役CEOを務めるマネジメント/レーベル「BMSG」では『BMSG FES’22』を成功させるなど、多忙な日々を送ってきたSKY-HI。

今や時の人と言っても過言ではない彼が、このタイミングで『THE DEBUT』というタイトルの新作を世に放つ理由とは。さまざまな媒体で語られたインタビューと新旧の歌詞を引きつつ、ポジティブなエネルギーに満ちたアルバムに迫る。


社長業、BE:FIRSTプロデュース、2回のツアー…多忙な中で作り上げたピュアなアルバム

SKY-HIが自身の誕生日である12月12日にアルバム『THE DEBUT』をリリースした。前作『八面六臂』から1年2カ月ぶりのアルバム作品で、一般的なアーティストならば「順調なペースで制作ができているんだな」と思うくらいだが、SKY-HIに関していえば異常だ。

なにせ彼はこの1年2カ月という期間で、アーティストとしてリリースツアーを2回行い、代表を務めるBMSGでは社長業に勤しみ、プロデュースしているBE:FIRSTと共に1stアルバム『BE:1』を世に放っているのだから。

【夏、駆け抜けました】SKY-HI HALL TOUR 2022 -超・八面六臂- 舞台裏

それだけには飽き足らず、今年の9月にはBMSG所属アーティスト・トレーニーが総出演した『BMSG FES’22』で大成功を収めている。影分身を使うか『スーパーマリオ』のスター状態にでもならなければ、やり遂げることができないであろうタスク量を裁きながら、新曲が7曲も入ったアルバムを彼は作り上げてしまったのだ。

『BMSG FES’22』後の2週間をみっちり使い、作り上げられた今作のテーマは“誰だって、いつだって、どんな境遇だって「デビュー」出来る”。BMSGを設立以降、SKY-HIが感じていた「今の自分にとっては、2年前に会社を作った、それこそがデビュタントだった」(※1)という感覚を、ピュアな衝動で煮詰めたものに仕上がった。結果としてそれは、アーティストのしがらみや葛藤が排除された、リアルタイムかつ素のSKY-HIらしいアルバムになったのである。

まず、ビートやサウンドのチョイスがファンの好みや世間の流行を優先したものではなく、完全にSKY-HIウケ重視なラインナップなのだ。彼が中学生や高校生のころに胸を焦がしたグリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングやUSのラッパーをリファレンスにしており、昨今のメインストリームではないトラックに胸を高鳴らせながら挑んでいる。世間的にウケるものや求められるものを認知していながら、自分がワクワクするかっこいいトラックで音楽を作ることを優先しているのだ。

一方、スキル面では常に最高を更新中である。楽曲によってビートの掴み方やフロウの刻みを自由自在に操りながら、作品の魅力が一番伝わる届け方をチョイス。もちろん、SKY-HIがラッパーとして注目されるきっかけのひとつとなったファストラップの実力も衰えることなく健在だ。BE:FIRSTをはじめとしたBMSGアーティストのディレクションに活かしてきたメンターとしての才を自分自身にも遺憾なく発揮し、表現者としても次のステージへと進んだのである。

※1:『ぴあMUSIC COMPLEX(PMC) Vol.25』2022年、ぴあ

BMSGの存在が可能にしたSKY-HIの“デビュー”


この記事の画像(全6枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。