ディグ界の幻影旅団「lightmellowbu」が発見したブックオフというサンクチュアリ

2020.2.16


ディグの未開拓地はまだまだブックオフの棚の中に広がっている……かも

シティポップの流行が一段落し、それが編曲者や演奏家の音楽的語彙のひとつとして並列化された80年代後半から90年代。この時期になると、丸々1枚それらしい音楽に挑んだ作品というのは急激に少なくなる。そんななかで「アルバムに1曲こういうのも入れておくか」くらいの軽い心持ちで吹き込まれたであろうシティポップ/AOR調の曲を探し求めているのがlightmellowbuのbu員たちなのだ。

そんなディグの荒野では、80年代末から90年代前半に濫造された、ガシャガシャとしたギターと単調なビート、溌剌としたボーカルに支えられた表層的なロックや中庸なガールポップに出くわすことが多々ある。これらは「ハズレ」であって、だからこそlightmellowbuには「1曲良い曲があれば名盤の世界」という格言(?)があるのだが、時代が一巡、二巡、いや三巡くらいしたら、私たちはそうした音楽を聴ける耳になっているかもしれない。

日陰者だった90年代シティポップに、こうして光が当てられたように。それまではブックオフという礼拝堂にして墓所に、それら皮相ロックや月並みガールポップは眠らせておくとしよう。

bu活動の起点となったブログ「90年代シティポップ記録簿」を運営するハタや、「次のレアグルーヴはCDからくる」を掲げる「CDさん太郎」を執筆する柴崎、INDGMSK aka 台車、小川直人らは、声優作品やキャラソン、アニメのサウンドトラック、ドラマCDにまでディグ領域を拡大させている。

また、同時多発的に興ったanòutaの「トレンディ歌謡に抱かれて」や佐藤あんこによる「後追いGiRLPOP」などは、lightmellowbuに近いアティテュードでありながらも異なる視点を持つ。

『オブスキュア・シティポップ・ディスクガイド』のあとがきに「2000年代はまだ堀りがいがある(が、これだけ探してもないなら『ない』のかもしれない)」とあったように、ディグの未開拓地はまだまだブックオフの棚の中に広がっている、のかもしれない。そこに新しい価値を聴き取れるかどうかは、あなたの耳にかかっている。


lightmellowbu『オブスキュア・シティポップ・ディスクガイド
2020年1月17日発売 2,200円(税別) DU BOOKS


この記事が掲載されているカテゴリ

天野龍太郎

Written by

天野龍太郎

(あまの・りゅうたろう)1989年生まれ。東京都出身。音楽についての編集、ライティング。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。