『恋人はアンバー』同性愛が違法でなくなってから2年後。社会と性自認に悩むふたりの友情の行方

2022.12.14
生きるための噓と傷とともに『恋人はアンバー』

たった2年前まで法律が同性愛を禁じていた国で、自身の性的思考が同性愛だと気づいたらどうするだろう。そんな時、同じ悩みを抱える友人に出会えたらどんなに心強いだろう。

現在公開中の映画『恋人はアンバー』は、社会と性自認とで葛藤する主人公ふたりが、かけがえのない友情を築き上げる作品である。

今回は、そんな青春映画をレビューする。

※この記事は『クイック・ジャパン』vol.163に掲載のコラムを再構成し転載したものです。


生きるための噓と傷とともに

ときに、クリエイターたる者は自伝的な色合いの濃い作品を発表する。特に小説と並んで映画は、“核”となる個人の体験の掘り下げが「表現の強度」につながることが多い。では、監督&脚本デイヴィッド・フレインの自伝的な『恋人はアンバー』はどうか。

故郷であるアイルランド共和国の東部キルデア州を舞台にし、時代設定を1995年と定めた、この映画の原題は『Dating Amber』。主人公は、自身がゲイであることを受け入れられていない高校生のエディ(フィン・オシェイ)で、アンバー(ローラ・ペティクルー)のほうは性自認はしているものの、レズビアンである事実は隠しているクラスメイト。

生きるための噓と傷とともに『恋人はアンバー』
(C)Atomic 80 Productions Limited/Wrong Men North 2020, All rights reserved.

性格も趣味もまったく違うふたりだったが、田舎町の保守的なコミュニティのなかで生きてゆくため、そして自らを守るために“偽装カップル”となる。なにしろアイルランドはつい2年前―1993年まで同性愛が違法だったのだ。周囲の目、根づいた考え方はそう簡単には変わらない。

つまりはエディがデイヴィッド・フレインの分身キャラというわけだが、曰く、劇中の大体のエピソードは本当に起きたことだという。エディの父親は軍人で、卒業後は期待に応えるべくアイルランド軍へ入隊するつもり。しかし体力はなく、心根もマチズモとはほとほと縁遠い。一方のアンバーは逞しくアグレッシブ。「みんなはオアシスに夢中だけど、(ライオット・ガールの象徴)ビキニ・キルこそパンクそのもの」と言ってのけ、早々に町を出て、ロンドンへ行く気満々だ。

生きるための噓と傷とともに『恋人はアンバー』
(C)Atomic 80 Productions Limited/Wrong Men North 2020, All rights reserved.

デイヴィッド・フレインにとってこれは2本目の長編作品にあたり、彼が当初考えていた題名は『Beards』。直訳すると“あご髭”で、スラングとしては「ゲイと結婚している女性」の意に。できればこの、自分をさらけ出した作品でデビューしたかったが資金繰りの関係でいったん断念し、別企画のゾンビ映画『CURED キュアード』(17)になった。

が、思えば主演のエレン・ペイジ(2020年にエリオット・ペイジに改名)は“クィア・アイコン”ではないか! しかも時間を置くことで、過去の実体験に対し、ユーモアを盛り込んで映画的なふくらみを持たす視座も手に入れたよう。観客次第によって、コメディにもシリアスなドラマにも見える作品を放ってみせたのだ。自分に嘘をつき続け、“恋人”アンバーをも傷つけてしまうエディが後年、デイヴィッド・フレインとなって本作を撮る……と想像すると映画の最後の選択に、グッと胸が熱くなるはずである。


この記事の画像(全3枚)



  • 『恋人はアンバー』

    監督・脚本:デイヴィッド・フレイン
    出演:フィン・オシェイ、ローラ・ペティクルーほか
    配給:アスミック・エース
    提供:Watcha Japan
    11月3日(木・祝)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開!
    (C)Atomic 80 Productions Limited/Wrong Men North 2020, All rights reserved.

    関連リンク

  • 長濱ねるが同世代の声を聞く『クイック・ジャパン』最新号、24歳の飾らない姿を映した表紙を解禁!!!俳優・上白石萌歌とのスペシャル対談も!

    『クイック・ジャパン』vol.163

    発売日:10⽉27⽇(木)より順次
    定価:1,430円(税込)
    サイズ:A5/184ページ

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

轟 夕起夫

(とどろき・ゆきお)1963年東京都生まれ。映画評論家。近著(編著・執筆協力)に、『好き勝手 夏木陽介 スタアの時代』(講談社)、『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』(スペースシャワーブックス)、『寅さん語録』(ぴあ)、『冒険監督 塚本晋也』(ぱる出版)など。読む映画館 todorokiyukio...

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。