『アンという名の少女』シーズン2<5話>「キスって何のためにするの?」アンの好奇心にマリラ大困惑



女性は待たないといけないの?

このシーンは、5話冒頭のキスごっこをしていた場面が伏線となっている。
キスの話題で盛り上がっていた女子たちが「ロマンチックな求愛を競うゲームをやろう」と言って演劇ごっこを始める。
王子様を演じるダイアナと、お姫様を演じるティリー。ダイアナはティリーの頬にキスする。
それを見たアンが「女性は待たないといけないの?」と言うと、「そんなの当たり前じゃないの!」とみんな大反論。
それでも、アンは「キスしたいと思ったら、私は自分からキスしたい」と主張する。
その実践として、アンからコールの頬にキスする場面につながるのだ。

容姿をチョイスできない現実に

もうひとつ印象的に使われていたワードはchoiceだ。
一度目のキスゲーム場面。ジョージー・パイがコールに「来てくれてうれしい」と言う。コールは「断れなさそうだった」と答える。この時「choice」という単語が使われている(Didn’t have much of a choice.)。
これは、ギルバートと黒人のバッシュの会話で使われていたワードだ。
「海に捨てられるか、便所掃除なら、海に捨てられるほうを選ぶよ」(If my choices were that or latrine duty, I might take my chances with the Atlantic.)
「選ぶか、いい言葉だ」(Choices. I like that word.)

アンも自分の容姿をチョイスできない現実に悩んでいる。
ダイアナから「ほめられればうれしい。でも(アンのように)賢いほうがいい」と言われようとも、マリラから慰められようとも(マリラ大失敗である)、アンは自分の容姿に不満を持っている。
行商人からサンドイッチと交換で手に入れた髪染めで、髪を黒くするが怖くなって、漂白剤で色を抜こうとして緑色の髪の毛になってしまう。
これは『赤毛のアン』第27章のエピソード。

「それで私はまともじゃないって思われるの。ああ、マリラ。『ひとたび人を欺くと、なんともつれた網目を織らねばならないことか』という詩があるけど、そのとおりだわ。ああ、ジョージー・パイがどんなに笑うかしら!」

『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著/松本侑子 訳/文藝春秋

と嘆くセリフもほぼ原作どおり。
ばっさり髪を切ることをチョイスして、第5話は終わる。
次回、第6話は、ショートカットのアンが登場。

『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著、松本侑子 訳/文藝春秋。詳細な注釈がついた新訳版
『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著/松本侑子 訳/文藝春秋。詳細な注釈がついた新訳版
『アンという名の少女』シーズン2 予告編 - Netflix [HD]

『アンという名の少女』

原題:Anne with an “E”
制作:2017年 カナダ
原作:L・M・モンゴメリ
製作総指揮:モイラ・ウォリー=ベケット

キャスト
アン・シャーリー(エイミーベス・マクナルティ)(上田真紗子)
マリラ・カスバート(ジェラルディン・ジェームズ)(一柳みる)
マシュー・カスバート(R・H・トムソン)(浦山迅)
ダイアナ・バリー(ダリラ・ベラ)(米倉希代子)
ギルバート・ブライス(ルーカス・ジェイド・ズマン)(金本涼輔)
レイチェル・リンド(コリーン・コスロ)(堀越真己)
ジェリー・ベイナード(エイメリック・ジェット・モンタズ)(霧生晃司)

Netflixシーズン1から3まで配信中

ジェットコースターみたいに感情の動きが激しいアン。Netflixオリジナルシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中
シーズン2のアンは少し大人になった印象。Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

この記事の画像(全14枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。