『アンという名の少女2』<3話>アンもマシューもマリラも悪党の改心に気づいてくれなかった



床に落ちたパイ

悲しいのは、ダンロップだ。
アンシリーズ3作目『アンの愛情』で、隣人ハリソンさんがアンの書く小説にアドバイスする。「それに悪党を書くなら、チャンスを与えてやる……人生をやり直すチャンスを与えてやるのさ」(『アンの愛情』L.M.モンゴメリ 著、松本侑子 訳/文藝春秋)

だが、アンは、それに納得がいかない。どうして悪人のキャラクターのほうが善人のキャラクターより人気があるのか理解ができなくてイライラするのだ。

『アンの愛情』に出てくるハリソンさんは、アヴォンリーに越してきた隣人だ。ハリソンさんが小説を「書き続けるんだよ」とアンにアドバイスしたように、ダンロップさんは小説を書くアンに万年筆をプレゼントしている。だが、ダンロップさんは、ハリソンさんのような隣人にはなれなかった。

悪党ダンロップには、チャンスが与えられなかった。

『アンの愛情』L.M.モンゴメリ 著、松本侑子 訳/文藝春秋
『アンの愛情』L.M.モンゴメリ 著、松本侑子 訳/文藝春秋

ダンロップは、アンの優しさや快活さに心惹かれ、アヴォンリーの村を好きになった。アヴォンリーの村に残って、生まれ変わろうと望んでいたのだ。
直感を研ぎ澄ましても、アンもマシューもマリラも、その心の変化を捉えることはできなかった。「あのふたりは悪党だ」という大きな判断に、繊細な気持ちの変化は(その小さなしるしもいくつもあったのに)気づくことはできなかった。

「帰りを待ってた。話を聞かせてくれ」と親しみをこめて言い「君のために作ったんだ」とパイを差し出すダンロップさんを、アンとマリラは拒絶する。バリー夫人が、アンとダイアナが話そうとするのを拒んだのと同じように。

ダンロップが作ったパイは、誰にも食べられることなく床に落ちた。
ダンロップの改心しようとする気持ちは成就せず、ネイトに銃を向けてしまうが反撃され、採掘の穴に落とされる。
結局、ダンロップだけが捕まってしまうのだ。

この後、ダンロップさんは登場しない。
ちょっと、罪をつぐなってアヴォンリーで暮らすダンロップさんも観てみたい気もする。

『アンという名の少女』シーズン2 予告編 - Netflix [HD]

『アンという名の少女』

原題:Anne with an “E”
制作:2017年 カナダ
原作:L・M・モンゴメリ
製作総指揮:モイラ・ウォリー=ベケット

キャスト
アン・シャーリー(エイミーベス・マクナルティ)(上田真紗子)
マリラ・カスバート(ジェラルディン・ジェームズ)(一柳みる)
マシュー・カスバート(R・H・トムソン)(浦山迅)
ダイアナ・バリー(ダリラ・ベラ)(米倉希代子)
ギルバート・ブライス(ルーカス・ジェイド・ズマン)(金本涼輔)
レイチェル・リンド(コリーン・コスロ)(堀越真己)
ジェリー・ベイナード(エイメリック・ジェット・モンタズ)(霧生晃司)

Netflixシーズン1から3まで配信中

ジェットコースターみたいに感情の動きが激しいアン。Netflixオリジナルシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中
シーズン2のアンは少し大人になった印象。Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

この記事の画像(全11枚)




この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。