『呪術廻戦』14巻は完全に病み巻!人気キャラを平気で退場させる展開、本当に大丈夫なんですか?

呪術廻戦14

文=さわだ 編集=アライユキコ


映画版の公開(12月24日)を待ちながら『ジャンプ』大好きライター・さわだが『呪術廻戦』(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)の既刊を1巻ずつ振り返っていく企画。今回は14巻、長くて難解な「渋谷事変」をしっかり解説する(以下考察は、14巻までのネタバレを含みます)。

【関連】『呪術廻戦』映画を待ちながら1巻から読み直す「第1話から傑作」感がないのが逆にすごい


難解なのに支持層が広い

10月4日『呪術廻戦』17巻が発売される。1巻から振り返りレビューをしてきたこの連載も終わりが見えてきた(この先も新刊出たら書くつもりだけども)。

『呪術廻戦』<17巻>芥見下々/集英社
『呪術廻戦』<17巻>芥見下々/集英社

今回振り返るのは、「渋谷事変」が終盤にさしかかる14巻だ。長くてちょっと難解な「渋谷事変」だけに、しっかりとわかりやすく振り返りたい。この記事を書いている僕も、読み直して知らなかったことや、わかっていないことが多々あったりする。

大好きな僕が言うのもおかしいけれど、『呪術廻戦』ってなんでこんなに難解なのに支持層が広いのだろう。好きって言ってるひと100人に理由を聞いたら、全員違う答えが帰ってきそうだ。

まさかの死

前巻からつづく超インフレ展開をこの巻も継続。6ページでたった8コマしか使わない大ゴマ連続のバトルは、宿儺(すくな)が作中指折りの強さの漏瑚(じょうご)を圧倒的な火力で焼殺する。

「100年後の荒野で笑うのはワシである必要はない。呪いが人として立っていればそれでいい」

悪役でありながら漏瑚は、自分よりも種の繁栄、呪いの未来を願うまるで幕末の志士のような生き様だった。大きなひとつ眼と火山のような頭のデザインもキモくて可愛く、振り返れば振り返るほど愛らしい。そんな人気キャラ漏瑚の死。14巻は、ここから衝撃的な死が連続する。

次に死んだのは…?

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全18枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

さわだ

Written by

さわだ

1983年生まれ。ライター、動画企画、動画編集など。柏の近くに引っ越しただけで柏レイソルのファンになれた。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太