賛否両論を巻き起こしたNetflix『アンという名の少女』シーズン2はどうなる?



シーズン1ラストの衝撃

ドラマのシーズン1は、のちのシーズンと比べれば、まだまだ原作に準じた展開だった。
まず、アンがアンだ。「11歳」「小さな顔は青白くて、肉が薄く、そばかすが散っている」「口は大きいが、目も大きく」「額が広く豊か」(『赤毛のアン』松本侑子訳/文春文庫)といった原作の描写を読んだ読者が脳内にイメージした姿がそこにある。高畑アニメ版とそっくり。
駅に迎えに行ったマシューが男の子でないことに戸惑う場面も、アンをひとまず受け入れるまでの展開も(馬に名をつけるつけないの小さな違いはあれど)原作どおり。
第2話あたりから、マシューが馬に乗って大疾走したりして、原作イメージと違う場面も出てくるのだが、紫水晶、木いちごのジュース事件、ギルバートに石板をくらわせる事件など、原作の重要な場面をしっかり押さえて展開していく。
『アンの夢の家』(第6『赤毛のアン』)のエピソードを連想させる場面がさりげなく入ってきたりして、「モンゴメリが今書いたらこうなるのでは?」という想像を大胆に駆使して作った愉悦がここにあるのだ。
だがシーズン1の最終話である第8話は、主要登場人物の生死をひっくり返した上に、原作にはない新キャラクターをふたりも突然登場させた。

孤児だったアン(エイミーベス・マクナルティ)を引き取ったマシュー(R・H・トムソン)とマリラ(ジェラルディン・ジェームズ)。作物を積んだ船が沈んでしまい、家を担保にお金を借りることに。だが、マシューが心臓を押さえて倒れてしまう。
絶体絶命のピンチだ。
マシューたちの農場で働いていたジェリー(エイメリック・ジェット・モンタズ)と一緒にアンはお金を工面しに行く。ドレスを返品して家の物を質屋に売る。
ジェリーは馬を売りに行く。だが、その直後、ジェリーは、ふたりの男に、路地裏で襲われてしまう。
殴る蹴るの暴行を受け、お金を奪われる。
このふたりが大悪党、新キャラクターだ。

募集していた下宿人も決まり、いろいろな助けもあり、手を尽くして、どうにか借金問題は解決する方向に進む。
が、下宿人となるのが、あの大悪党ふたり組だったのだ。
もちろんアンもマシューもマリラもそんなことを知らない。ジェリーも、襲われた男の顔を見ておらず気づかない。気づいているのは、視聴者だけ、という状況で、シーズン2へつづく!
いわゆるクリフハンガーだ。
海外ドラマで時々あるパターン。シーズン最終話、一応決着させておいて視聴者を満足させつつも、ぐいっとすごい展開をぶっこんで「えええー、こっからどうなるの!?」って引きを作って、シーズン2を期待させる。

製作総指揮は『ブレイキング・バッド』のプロデューサー・脚本家のモイラ・ウォリー=ベケット。
シーズン2は、さらに大胆に原作から離れて展開していく。なにしろ、シーズン2の1話目でギルバートは、村を出て、世界を冒険するために蒸気船で真っ黒になって働いているのだ。

『アンという名の少女2』がNHK総合で始まる(9月12日から、毎週日曜日よる11時〜)。今週から、毎週、放送タイミングに合わせて各話レビューを展開していく。
『赤毛のアン』の世界を大胆に蘇らせたドラマ版のシーズン2をお楽しみに!

シーズン2の1話には、マシュー、マリラ、アンの3人が海辺で遊ぶシーンも/Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中
シーズン2の1話には、マシュー、マリラ、アンの3人が海辺で遊ぶシーンも/Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中
『アンという名の少女』シーズン2 予告編 - Netflix [HD]

『アンという名の少女』

原題:Anne with an “E”
制作:2017年 カナダ
原作:L・M・モンゴメリ
製作総指揮:モイラ・ウォリー=ベケット

キャスト
アン・シャーリー(エイミーベス・マクナルティ)(上田真紗子)
マリラ・カスバート(ジェラルディン・ジェームズ)(一柳みる)
マシュー・カスバート(R・H・トムソン)(浦山迅)
ダイアナ・バリー(ダリラ・ベラ)(米倉希代子)
ギルバート・ブライス(ルーカス・ジェイド・ズマン)(金本涼輔)
レイチェル・リンド(コリーン・コスロ)(堀越真己)
ジェリー・ベイナード(エイメリック・ジェット・モンタズ)(霧生晃司)

Netflixシーズン1から3まで配信中

ジェットコースターみたいに感情の動きが激しいアン。Netflixオリジナルシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中
シーズン2のアンは少し大人になった印象。Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

この記事の画像(全4枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。