エヴァは、ついに「乳化」した。──『シン・エヴァンゲリオン劇場版』レビュー

2021.3.8


新しくなれる邂逅の可能性

映画であることが強く意識されている。できるだけ、巨大なスクリーンで出逢ったほうがいい。シンクロ率が上がるから。

細密であると同時に、ダイナミック。とりわけ、戦闘シーンに顕著だが、円形の動きが視覚の残像を形作る。空中戦が多いことも要因だが、遠近感が消失する瞬間が多々あり、序盤ではこの初めての感覚に酔いしれることになる。

地に足がついていないが、決して夢幻的ではなく、闘いの臨場感は確固としてある。つまり、浮遊しているわけではなく、新しいリアリティとフォームが獲得されている。

映像的には紛れもなく新境地だが、考えてみれば、現代を生きるということは、こういうことなのではないか、と発見もさせられる。今を生きているということに、思い当たる。

私たちは、不確実な現実を、確実に生きている。不確実な世界に、確実に存在している。それを、戦闘描写を通して植えつけているのだ。

郷愁が、ない。馴れあいが、退けられている。が、排他的ではない。邂逅への誘いだけがある。お互いに、新しくなれる邂逅の可能性が、ここでは提示されている。

先鋭的な戦闘場面の一方、テレビシリーズを彷彿とさせる丁寧で豊かなドラマ部分がある。新劇場版では、かなり圧縮されていたキャラクターやエピソードが、じっくり腰を据えた立体性によって復興している。パラレルな物語なのに、よみがえるものがある。新しい懐かしさ。デジャヴのような心地のよさ。海外にいるからこそ、母国を想える、あの感触。ひとつの匂いが、無数の記憶を愛撫する、あの作用。距離と、親密さ。人間、人間、生きもの、生きもの。愛おしさが、募る。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『Q :3.333』版予告・改2【公式】

エヴァは、ついに「乳化」した。

革新と伝統が、共にあること。
互いが、互いを補完し合っている。
だからこそ、何度もはっとされられる。
温故知新。最新の温故知新。太古の温故知新。

ある場面で、ひとりの人物が精子のように映った。ある場面で、ひとつの空間が卵子のように見えた。

女性性が、すべてにおいて先陣を切ってきた、このシリーズが示すジェンダーのありようについて、改めて考えたくなった。

コンプレックスと母性。神と人間。複製とオリジナル。父と子。過去と未来。死と生。機械と肉体。テレビと映画。大人と子供。アニメーションと実写。女と男。

対立するすべてのファクターの融和をまさぐってきたのが、エヴァだった。宗教学、哲学、倫理学、社会学が飛散し、入り乱れてきた理由が、ついに明確になったように思う。

水と油は本来、中和し得ない。分離するしかない運命を生きている。
だが、しかるべき温度と技術さえ用意できれば、両者は「乳化」という現象によって結びつく。

エヴァは、ついに「乳化」した。四半世紀かけて、ようやく「乳化」した。時間がかかった、とは思わない。それは必要な時間だった。

3.11以後であること。
コロナ以後であること。
この点も結果的に引き受けている。
頼もしい「乳化」である。

木のまわりで追いかけっこしていた虎たちが、いつの間にか溶け合い、バターになったおとぎ話を想い出す。
虎がバター化することの解釈は、人それぞれかもしれないが、私は讃えたい。

エヴァの「乳化」を、心から讃えたい。


この記事の画像(全2枚)



  • 映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

    企画・原作・脚本:庵野秀明
    総作画監督:錦織敦史
    作画監督:井関修一、金世俊、浅野直之、田中将賀、新井浩一
    副監督:谷田部透湖、小松田大全
    デザインワークス:山下いくと、渭原敏明、コヤマシゲト、安野モヨコ、高倉武史、渡部隆
    テーマソング:「One Last Kiss」宇多田ヒカル(ソニー・ミュージックレーベルズ)
    音楽:鷺巣詩郎
    エグゼクティブ・プロデューサー:庵野秀明、緒方智幸
    コンセプトアートディレクター:前田真宏
    監督:鶴巻和哉、中山勝一、前田真宏
    総監督:庵野秀明
    制作:スタジオカラー
    配給:東宝、東映、カラー
    宣伝:カラー、東映
    製作:カラー

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太