心の中でいつも「わからない」と思われていた私(枡野浩一)

2021.3.16
広い世界と2や8や7

文=枡野浩一


穂村弘の最新対談集『あの人と短歌』(NHK出版)、85ページを読んで戦慄した。

小説家・高原英理との対談の終盤で、穂村さんが言う。《例えば僕は、枡野浩一の活動がずっと気にはなりつつも、どこかで自分にはわからない、と言う感覚が拭えずにいました。》《しかし、斉藤斎藤や永井祐が出てきた時に、枡野さんとは違って、「これはわかるな」と思えた。》……。

※この記事は『クイック・ジャパン』vol.154に掲載のコラムを転載したものです。


わからない永井祐

永井 祐『広い世界と2や8や7』

穂村さんとは七回くらい、対談や座談会でご一緒している。歌人に近づかず生きてきた私の、例外的な最高記録だ。なのに。心の中でいつも「わからない」と思われていた私。

そして穂村さんは、永井祐第二歌集『広い世界と2や8や7』(左右社)の帯文を書いている。

《永井祐の/登場によって/短歌が、/目の前の世界の/見え方が、/変わってしまった。/もうもとには/もどれない。/なんてことを/してくれるんだ!》

この言葉は大げさではない。今、複数の「永井祐チルドレン」が生まれ、活躍している。たとえば第一回笹井宏之賞永井祐賞を受賞した阿波野巧也の第一歌集『ビギナーズラック』は、この賞を主催する版元ではない左右社から刊行された。

歴代の笹井賞大賞受賞者たちの歌集より話題になったという印象が私にはある。「笹井宏之賞永井祐賞」って。大賞より豪華そうじゃないか。

たのしく読める歌集だったが、永井祐の専売特許だと勝手に思いこんでいた「算用数字の変な表記」「一字アキよりも空白をあける表記」などが阿波野作品にも踏襲されていたことはショックだった。

だったら永井祐歌集をかっこいい装幀で本にしたらいいのに左右社は。という私の心の叫びが伝わったのだろう。『広い世界〜』の表紙は銀の箔押しが虹色に輝く美しさだ。私が『短歌研究』2020年6月号の永井祐特集で書いたように、第一歌集『日本の中でたのしく暮らす』には語られやすい「大ヒット短歌」が多く、キャッチーだった。

《あの青い電車にもしもぶつかればはね飛ばされたりするんだろうな》というような、ツッコミ待ちのお笑いのボケに見えてくる短歌すらあった。

第二歌集はどうだろう。私はポストイットを大量に貼りながら読んだけれど、これ、QJ読者にもたのしいかな? 

《セロテープカッター付きのやつを買う 生きてることで盛り上がりたい (永井祐)》なんという盛り上がりの無さ! でも、そこが癖になる。 永井祐の短歌の魅力は「人柄」だと仁尾智は言った(#枡野と短歌の話 2)。同感だ。それ以上、私にはわからない。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



枡野浩一

Written by

枡野浩一

(ますの・こういち)1968年、東京生まれ。1997年『てのりくじら』(実業之日本社)ほかで歌人デビュー。『クイック・ジャパン』は創刊間もないころ金色冬生、高見広春、猫田道子、中沢健について書きました。内田かずひろとの共著に『みんなふつうで、みんなへん。』(あかね書房)。短歌の青春小説『ショートソン..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太