考察『鬼滅の刃』最終巻。すべての登場人物に愛が注がれたバトルに拍手、よくがんばった、無惨様!



コミックス描き下ろしの14ページは最高の「供養」

連載終了直後、「完結は英断。無残(無惨)に引き延ばされなくてよかった」と書いた。その気持ちは今も変わらないし、ひたすら平和ななんの変哲もない日々がつづき、次なるラスボスが出てこなくてよかった。多くの人たちのがんばりが、燃やし尽くした生命が、大切な人たちの幸せにつながって本当によかった。

でも「どう幸せになったか」は見届けたい。コミックスでの大量の描き下ろしは、その想いに完璧なまでに応えてくれた。帯には「物語の結末に14ページ」とあるが、『ジャンプ』本誌でさらりと流されていた箇所が丁寧に補完されている。そう、炭治郎と子孫の心のつながりが読みたかった、子孫たちのちょっとしたプロフィールが欲しかった、あの双子の赤ん坊って「霞柄のブランケット」だったんだ……読者の心の飢えはお見通しといわんばかりの、微に入り細を穿つフォローぶり。

ハッピーエンドで終わった本作だが、最終巻に最もふさわしい2文字は「供養」かもしれない。すべては大正時代の遠い過去のお話、懐かしい顔ぶれは誰も彼もいなくなってしまった。が、コミックスの読者がひとりでもいる限り、彼らはいつまでも心の中で生きつづける。力いっぱい生きたキャラクターたちに、この世に生まれて『鬼滅の刃』を読めた幸せに、感謝を込めて合掌したい。

最終巻!『鬼滅の刃』<23巻>吾峠呼世晴/集英社
最終巻!『鬼滅の刃』<23巻>吾峠呼世晴/集英社

この記事の画像(全4枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

多根清史著書

Written by

多根清史

(たね・きよし)1967年、大阪市生まれ。京都大学法学部修士課程卒。著書に『ガンダムと日本人』『教養としてのゲーム史』、共著に『超クソゲー2』『超ファミコン』など。ゲームやアニメ、マンガからスマートフォンまで手がける雑食系ライター。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太