『三四郎のオールナイトニッポン』で四千頭身の都築とマヂラブ野田が見せた狂気

2020.11.10


「動」の都築拓紀と「静」の野田クリスタル

そんな都築に対し、逆に淡々と静かな狂気を発揮していたのが野田クリスタル。漫才中の奇行ボケやイカレ自作ゲームのイメージが強いが、実は平場でのトークが死ぬほどおもしろく、『勇者ああああ』(テレビ東京)や『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ)でもその力を遺憾なく発揮している。

今放送でも、都築の嘘結婚発表への返しとして、

「整形してます。目、鼻、唇、頬も顎も歯も矯正した」
「筋肉だと思っていた僕の身体は全部ゼラチンを入れてる」

という絶妙過ぎるラインの完璧なボケのみならず「旅費全部出す」「引っ越し費用も出す」「(都築とは)ズッ友よ」「旅行行く動画とか撮れる?」「朝起きたらマッチョになってた」「どんなに痩せても(筋肉)取れない」「筋肉とゼラチンの境目ない」と、ローテンションで放つワードひと言ひと言の破壊力が凄まじく、その落ち着きは師匠感すらあった。

小宮曰く、「最初から水1滴も飲んでないし、台本も置かない、1回も噛まない」お笑いソルジャーがここに爆誕した。

2時間勢いは衰えることなく、終始カオスのままあっという間に放送は終了した。「動」の都築拓紀と「静」の野田クリスタル、ふたりのまだあまり知られていない才能をもっともっと堪能したいと思った。

「全番組がフルスロットルでブーストしてたら聴いてるほうも疲れる」と言ったが、ある意味どの番組よりも爆発したとんでもない回だった。この爆発力があるから『三四郎のオールナイトニッポン』はやめられない。

【総力特集】四千頭身
【総力特集】四千頭身・静かな情熱、飾らないスタイル

この記事の画像(全0枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

かんそう

1989年生まれ。ブログ「kansou」でお笑い、音楽、ドラマなど様々な「感想」を書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太