映画『ミッドナイトスワン』で草彅剛が見せた日常の可能性──女でも男でもない“いちばん最後の顔”

2020.9.24


オンもオフも脱ぎ捨てた、原初の相貌を銀幕に刻みつける

この映画の草彅剛を見つめていると、人間は、いかに、オンとオフとを自由に行き来しているのかを知り、呆然とする。私たちの日常には、これだけ豊かなバリエーションがあって、可能性に満ちているということでもある。

本作では俳優・草彅剛の真価が発揮されている

オンとオフを「建前」と「本音」と解釈するべきではない。人間の「素顔」はオンの時間に表れることもあるし、オフのひとときに「演じている」ことだってある。だからこそ、オンとオフの交通には意味があるとも言える。草彅剛の表現は、主人公の内的な葛藤と、外的な交流を、出逢わせ、そのいずれもが等価であることを、指し示す。

もちろん、主人公の性に、オンとオフを行き来する必然性があることは言うまでもない。だが、そうしたことを超えて、ここには人間の普遍性が映っている。

人は、無数のオンと、いくつものオフを生きている。

ひとりでいてもオンのことはあるし、誰かといてもオフのことはある。私たちの生は、無限なのである。

撮影は2019年10月から2020年6月にかけて行われた

ここで綴られる彼女と少女の、「新しい関係性の物語」には触れずにおこう。なぜなら、それは、観客がスクリーンで直に接することでしか、顕在化し得ぬ奇跡だからである。

ただ、これだけは明言しておきたい。最終盤、彼女は、たったひと粒のオンと、たったひと粒のオフを、混ぜ合わせ、オンも、オフも、脱ぎ捨てた、原初の相貌を、銀幕に刻みつける。

それは、生まれたての顔であると同時に、いちばん最後の顔でもある。

女でもなければ、男でもない。振る舞うわけでも、演じるわけでも、こぼれるわけでも、あらわになるわけでもない。ただ、そこにある顔。

ヒロインの名は、凪沙。彼女のその表情を目撃するために、劇場に駆けつけていただきたい。


この記事の画像(全19枚)



  • 映画『ミッドナイトスワン』

    2020年9月25日(金)全国ロードショー
    監督・脚本:内田英治
    音楽:渋谷慶一郎
    出演:草彅剛、服部樹咲(新人)、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖
    配給:キノフィルムズ
    (c)2020 Midnight Swan Film Partners

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。