『梨泰院クラス』はなぜ評価されたのか?トランスジェンダーの描き方から、魅力を紐解く

2020.7.6

Netflixオリジナルシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中
文=森 ユースケ 編集=田島太陽


「逃げてもいい。いや、悪くもないのに“逃げる”のは変だ。お前は、お前だから。他人を納得させなくていい」
「私が私であることに、他人の理解は不要です」

これらは、今年3月まで韓国で放送されていたテレビドラマ『梨泰院クラス』で描かれたセリフだ。

ひとつ目は、自身の意図とは相反するかたちで、勝手にアウティングをされてしまったトランスジェンダーのキャラクターに対して、主人公がかけた言葉。ふたつ目はトランスジェンダーであることについて、自身のアイデンティティは自分で規定するものであると表明したセリフである。

人種や性別、国籍などによるさまざまな差別行為が大きな社会問題となっている昨今、それらの問題を並列して、これまで関心のなかった人々へも極めて違和感が小さいかたちで提示する、素晴らしいシーンだった。

『梨泰院クラス』がなぜ評価され、話題となっているのか。その理由と作品の魅力を解説する。


マイノリティが受ける理不尽な仕打ちへの返答

主人公のパク・セロイ(Netflixオリジナルシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中)

『梨泰院クラス』は、韓国のテレビ放送とほぼ同時にNetflixでも配信され、今年3月から現在に至るまで常にサイト内ランキングのベスト3に入りつづけている、日本でも人気の作品だ。

ドラマの内容は、ひと言で説明するなら、学生時代に理不尽な目に遭わされ、さらに父をも殺された相手に敵討ちを誓う『半沢直樹』的な復讐劇かつ、ゼロから居酒屋を始め、巨大飲食チェーンを築くまでビジネスを大きくしていく“成り上がり物語”でもある。

全16話中の2話目で主人公が投獄される、どん底からのスタート。ライバルたちが容赦なく卑劣な手口で攻撃してくるため、相手をギャフンと言わせるまで観るのを止められない気持ちにさせる。常に次が気になる“引き”を作る質の高い脚本も相まって、韓国ではケーブルテレビながら最終回の視聴率が16.5%を記録。

これは韓国ケーブルテレビ史上7位の高視聴率。紛れもない人気作品でありながら、その大衆性と同時に、社会的マイノリティのキャラクターたちが描かれていることも注目された。その代表例が、店の料理長を務めるトランスジェンダーの女性、マ・ヒョニ。

序盤では特に性別の描写はされず、ドラマの途中で視聴者と仲間たちもこのキャラクターがトランスジェンダーであることに気づく。そしてビジネス拡大の重要な局面で、彼女がとある料理対決のテレビ番組に出演することになるのだが、その直前にライバル企業から「マ・ヒョニはトランスジェンダーである」と、不意打ち的にアウティングされてしまうのだ。

それを知った番組スタッフたちからは、「トランスジェンダーはあそこを手術してるのかな」「顔もしてるかな」「してるだろ」「気持ち悪いわ、どうりで声が変だと……」とヒソヒソと陰口を叩かれる。女子トイレに逃げ込むと、鏡の前でメイクする女性から「ここは女子トイレですけど」のひと言。動揺したヒョニは、立ち去るしかなかった。

『梨泰院クラス』
ライバル企業に勤めるチャン・グンウォン。主人公のセロイと深い因縁を持つ(Netflixオリジナルシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中)

それでも、なんとか自分を落ち着かせ、「少し休んだら大丈夫。逃げません」と強がる彼女に対して、主人公がこう語ったのだ。

逃げてもいい。いや、悪くもないのに“逃げる”のは変だ。お前は、お前だから。他人を納得させなくていい

その言葉を受けて、彼女はカメラの前に立つことを決意する。その後、司会者から「この決勝の舞台が(トランスジェンダーである)自身を証明する舞台となりますね」と語りかけられると、こう答える。

証明? 私が私であることに、他人の理解は不要です

韓国ではトランスジェンダーが極めて強い差別を受けているため、料理の技術を見せることが「自身を証明」になるというニュアンスの司会者の言葉に対して、より大きな視点からの切れ味バツグンのセリフ。今作屈指の名場面だ。

この世の中では、マイノリティであるというだけで、いわれもない非難を浴びることがある。この場合も、料理で勝負をする番組であり出場者の性別は企画に一切関係がない。しかし、トランスジェンダーであることで、「気持ち悪い」「声が変」といった誹謗中傷や、セクシャルハラスメントを受ける。そして、そこから立ち去ると、何も悪くないのに「逃げる」と表現されてしまう。

このたった約5分間のシークエンスに、世の中のマイノリティの人々が受けている理不尽の一部が端的に描かれていた。

我々は無意識のうちに、加担しているのではないか?

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全6枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

森 ユースケ

(もり・ゆーすけ)1987年生まれ。東京都出身。毎日ウルトラ怪獣のTシャツを着ているライター/編集。インドネシアの新聞社勤務、国会議員秘書、週刊誌記者を経て現職。近年は企業のオウンドメディア編集も担当。オリックス・バファローズファン。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太