火将ロシエル、下赤塚トライアングル、やついフェスほか<今週のおすすめ記事>

2020.6.20

QJWeb編集部が本気で読んでほしい記事をピックアップする「QJWeb 今週のおすすめ記事」。電気グルーヴの音源がApple Music、YouTubeなどで復活した今週ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。


今週のおすすめ記事

『ヤングチャンピオン』(秋田書店)の表紙を飾るなど、大活躍中のコスプレイヤー・火将ロシエルさん。コロナ禍によって、多くのイベントや撮影会が中止となってしまった2020年前半を振り返ると共に、今後の展望を語っています。海外でのイベント出演を精力的に行うなど、常に新しいことに挑戦しつづけるところが、人気の秘密でしょうか。プロフェッショナルな仕事ぶりの一端が窺えます。ちなみにこちらの記事、ぶっちぎりで今月最もアクセスを稼いだ記事となりました。

晴れた日に自転車に乗って、ローカルなスーパー巡り、本当にいいですね。「店頭には常に人があふれ、どうしてもお客さん誰かの顔が写ってしまうので、店名表示だけを写真に収めた。」(本文より)こういった細かい優しさに、パリッコさんの素敵な人柄が現れているような気がします。そして、衝撃的なサイズの「ビッグチキンカツ」は必見。

6月20日・21日に開催される『ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020』。「公式キャンペーンガール」企画では曽我部恵一による書き下ろしの新曲で『LINE RECORDS』からデビューできるグランプリ、そして、『QJWeb』での連載がスタートできる「QJWeb賞」が用意されています。こちらの記事では一次審査通過者によるPR動画を一覧にして掲載! ぜひご覧ください。そして、明日からのやついフェスをお楽しみに!

特にピックアップしたいのが、花田菜々子さんによる、福満しげゆき評。花田さんの福満さんへの眼差しがとても優しいのです。作中で「打ち切り…無職…」といつも不安を口にしながらも、なんだかんだ現役で活躍しつづける福満さん。読者に愛されつづけるその魅力を、花田さんが「フェミニズム的」に読み解きました。まさか『死の棘』(島尾敏雄)にたとえられるとは、福満さんも夢にも思わなかったのではないでしょうか。

Aブロック、サドンデス、ハリウッドザコシショウさんが開始数秒で「ウェッへー」を出したときの「それなら一秒で押せるわな」という松本人志さんのコメントが心に残っています。ザコシさんの潔い負け方はカッコよかったです。

クイック・プレイバック

今泉力哉監督作品の魅力をフリーランス編集者の宮田文久さんが徹底分析。1月に劇場公開され、先日Netflixで配信開始されてからも大きな話題を呼んでいる『mellow』。 本記事では同じく1月に公開された『his』についても取り扱っています。(2020年1月23日に公開された記事です)

「QJWeb 今週のおすすめ記事」は以上です。これからもQJWebをよろしくお願いします。


この記事が掲載されているカテゴリ



QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太