下赤塚フレッシュ・トライアングルの謎(パリッコ)

82
2020.6.19

パリッコのマイバスケット・イズ・スーパーマーケット 第5回

文・写真=パリッコ 編集=森山裕之


『酒場っ子』、『つつまし酒』などの著書を持つ、若手飲酒シーンの旗手・パリッコさんが提案する「スーパーマーケット」の楽しみ方。
少しずつ日常が戻りつつあるなか、知人に教えてもらったスーパーに行こうと地図をプリントアウトすると、 世にも奇妙で驚くべき事実に気がついてしまった……。
下赤塚界隈にある「フレッシュ」と名のつくスーパーのある場所を線で結んでみると、そこには美しき正三角形が浮かび上がったのだ!

スーパーマーケットミステリー

先日、ライターとして参加しているWEBサイト『デイリーポータルZ』が主催するオンラインイベント「練馬ナイト」に、ゲスト出演させてもらった。僕と同じく練馬区在住だったり、ゆかりのあるライターさん数人が集まって、とにかく練馬区のネタだけをしゃべるというニッチなイベント。その事前の打ち合わせで、ライターの伊藤健史さんが、地下鉄赤塚駅と平和台駅の中間地点くらいにある「フレッシュスーパーおおき」の佇まいが味わい深いと教えてくれた。添えられた写真を見ると、確かに昔ながらの気取らないスーパーといったよさがある。

コロナウイルスによる緊急事態宣言が全国的に解除され、少しずつ日常が戻りつつある今日このごろ。不要不急の遠出などにはまだ不安があるけれど、ここなら運動がてら家から自転車で訪れることもできそうだ。よし、行ってみよう! と、Googleマップで詳細な場所を確認。すると、世にも奇妙で驚くべき事実に気がついてしまった……。

フレッシュスーパーおおきがあるのは、「ハッスル通り」という商店街らしい。そこからそのまま北上し、東武東上線を超えて少し行ったあたりに「フレッシュマートこいずみ」という、同じ「フレッシュ」を冠するスーパーがある。これだけならばただの偶然と片づけることもできるだろう。が、それでは終わらない。何気なく地図をズームアウトしていくと、西方、光が丘公園の端あたりに「フレッシュひかり」という、これまたフレッシュなスーパーがあるのだ。妙な胸騒ぎがした。その地図をプリントアウトし、それぞれのスーパーを線で結んでみる。すると驚くべきことに、そこには、まるで地下鉄赤塚駅、東武東上線下赤塚駅を守る結界であるかのような、美しき正三角形が浮かび上がったのだ。

不気味に浮かび上がったトライアングル

どういうことだ? そういえば以前に一度、下赤塚駅界隈を散策したことがあったが、街並みや道ゆく人々に妙なフレッシュ感があった気がする。

僕は、何者かが意図的に描いたとしか思えない「下赤塚フレッシュ・トライアングル」を、すべて巡ってみることにした。

ある晴れた昼下がり、気温は30度を超える夏日。これを使うと、まるでガンガンにエアコンの効いた部屋にいるように涼しくて最近気に入っている「アイスノン シャツミスト」をTシャツの裏にたっぷりと吹きつけ、僕は颯爽と、愛車の「ファンキー・フレッシュ号」(今名づけた)を漕ぎ出した。

富士街道をぐんぐん進み、谷原のガスタンクに挨拶をする。左手には光が丘、右手には「としまえん」。まるで「練馬区の魅力満喫よくばりツアーズ」といったコース取りで、赤塚方面を目指す。

練馬区の平均的な風景

30分ほどでハッスル通りに到着。昔ながらの町中華や商店がポツポツと並び、正直あまりハッスルな感じはしない商店街だが、僕は好きだ。その中に、いよいよ、ひとつ目のフレッシュスポットが見えてきた。

3つのフレッシュスポットを巡る


この記事の画像(全10枚)


WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ