ミニシアター支援まとめ、岡村靖幸『操』レビュー、ほか<今週のおすすめ記事>

2020.4.18

QJWeb編集部が本気で読んでほしい記事をピックアップする「QJWeb 今週のおすすめ記事」。
「おうち時間」のお供に、カルチャーの力を感じられる記事をお届けします。


今週のおすすめ記事

全国のミニシアターが窮地に立たされている今、ネット署名やクラウドファンディングなど各所でスタートしているプロジェクトをまとめました。

2020年4月1日、岡村靖幸4年ぶりのニューアルバム『操』がリリースされました。編集者/ライターの森樹さんは、「モードとしてその延長線にありながらも、さらに軽やかさがあり、開放感に満ちている」とレビュー。岡村ちゃんからの「プレゼント」を思いっきり楽しみましょう。

書評家の豊崎由美さんは、『ワイドナショー』(フジテレビ)の松本人志さんの発言の「思いやりのなさ」に、小説『脂肪の塊』(モーパッサン)を思い起こしたと言います。

2021年の3月、イベント「D2021」が開催されます。連載「得体の知れないD」は、執筆者それぞれが「D」をきっかけとして思いを自由に語ります。坂本龍一、Gotchからバトンを受け継いだのは哲学研究者の永井玲衣さん。「哲学対話」を研究する筆者が「対話」の可能性を探ります。

今、読んでおきたい1本

先の見えないコロナ騒動で、気が滅入ってしまいそうな毎日ですが、日常にもエンタテインメントは隠れています。酒場ライターのパリッコさんが見つけたのは、いつも通うスーパーの2階に隠れたエンタテインメントでした。身の安全を第一に考えながらも、日常を楽しむ方法をパリッコさんの記事から学びたいものです。


クイック・プレイバック

近年、映画『沈黙』(マーティン・スコセッシ監督)、 Netflix制作ドラマ『Giri / Haji』などに出演し、世界を股にかけて活躍する窪塚洋介。約17年前『クイック・ジャパン』にて行われた貴重なロングインタビューを全4回でWEB版に再構成しました。なぜ彼は世界中のクリエイターに愛されるのでしょうか、その理由が彼の言葉から見えてくるかもしれません。

「QJWeb 今週のおすすめ記事」は以上です。今後ともQJWebをよろしくお願いします!


この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太