SKY-HI+BE:FIRST表紙撮影の裏側&SOTA+Novel Core+edhiii boi「118」レコーディングに密着【『BE:FIRST Gifted Days』レポート#9】



SKY-HIディレクションによる「118」

BMSG所属の1月18日生まれの3人、SOTA、Novel Core、edhiii boiは、新曲「118」のレコーディングでスタジオにいた。最初にブースに立ったのはSOTA。声の深さを活かしたフロウをかますと、スタッフは「いい感じじゃん」とコメント。少し遅れてSKY-HIも到着し、3人のレコーディングをディレクションしていった。

SOTAのレコーディングを聴いたSKY-HIは、「基本は力を抜いてやるのがベースでいいよ。踊りながらやっちゃっていいよ」とアドバイス。SOTA自身は「あ~ムズイ!」と苦戦している様子だったが、アドバイスを適切に反映しながら瞬時に改善を重ねる姿を見たSKY-HIは「だいぶよくなっているね」と冷静に現状を分析。

SKY-HIから「もっと踊りながらでよさそう」とアドバイスされると、被っていたキャップを脱いで再び気合いを入れ直す。体を揺らして歌い始めた途端、フロウも活き活きし始めた。それにはSKY-HIも「超いいじゃん、ばっちりかも!」と称賛。SOTAも「わりかしいいな」と呟き、自分のラップに納得している様子だった。

つづいてブースに入ったのはedhiii boi。ソリッドなバースを繰り広げる彼に、SKY-HIは「このトーンを保ったまま、テンションもキープされているとめちゃくちゃいいね」とアドバイス。「もう1回いきましょう」と自ら言い、前向きに改善を重ねていくedhiii boiの姿が印象的だった。

ラストを飾ったのは、BMSGにとって最初の1月18日生まれアーティストであるNovel Core。ブースに入ると「いつもみたいに照明を落としたいんですよね」と言い、ブースの明るさを調整。歌詞を表示したスマートフォンの光に照らされながら、持ち前のラップスキルを発揮していた。

SOTA+Novel Core+edhiii boiが語る「118」


この記事の画像(全89枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。