清水尋也論──海馬を震わせる。清水尋也の、今そこにある残像

「告白的男優論」#18 清水尋也論

(c)2022『さがす』製作委員会
文=相田冬二 編集=森田真規


2014年公開の中島哲也監督作『渇き。』で注目を集め、『ちはやふる』シリーズ、『ミスミソウ』、『東京リベンジャーズ』など話題作への出演を重ね、昨年はNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で個性的な気象予報士を演じたことでも記憶に新しい俳優、清水尋也。そんな彼の最新出演作『さがす』が1月21日に封切られた。

ライターの相田冬二は、「清水尋也は地震だ」と評する。俳優の奥底にある魅力に迫る連載「告白的男優論」の第18回、清水尋也論をお届けする。


清水尋也が出現すると、海馬が震える

海馬(かいば)は、脳にあり、記憶をつかさどる器官と言われている。
見たことも、触ったこともないが、清水尋也が出現すると、海馬が震える。

清水尋也というのは、私にとって地震のようなものなのかもしれない。遥か彼方の激動が津波となって押し寄せ、今まさに到着しようとしている、ざわざわとした予兆が、抜き差しならない魔の感覚と隣り合わせにある愉悦。

清水尋也/映画『さがす』より

恐怖とは違う。危険なときめき。台風が来る前にも似ているが、荒々しいざわざわではなく、ぴーんと張り詰めた、静謐で深遠なざわざわ。沈黙という底なし地獄の大らかな穴の前で、ぼんやり立ち尽くす。金縛りになったように動けないのだが、精神の一瞬の停止が、永遠の戸惑いに幽閉されるかもしれない風情は、存外に魅惑的だ。

揺れるのではなく、震える。この微細な感覚が、脳のある部分を刺激し、私たちは彼の存在を知覚し、記憶する。行きつ戻りつする、魂の反復。ぐらぐらと揺れるのではなく、ざわざわと震える。

やはり、清水尋也は地震だ。

外側が揺れるのではなく、内側が震える。
ベースメント(地)が震えるから、地震は地震なのだ。

清水尋也/映画『さがす』より

限りなく幻想に近い記憶

『渇き。』では、いじめられっ子を演じた。
『ミスミソウ』では、豹変する転校生を体現した。
『青くて痛くて脆い』では、イケてるルックスで誤解されやすいナイーブな大学生に扮した。

映画『渇き。』キャラクター紹介映像 ボク(清水尋也)
映画『ミスミソウ』特報

いずれも、作品が孕む、ある種のミスリードに加担するキャラクターだ。いや、清水尋也の役自体が、ミスリードそのものと言い換えてもいい。

だが、私たちは、彼が画面に登場した瞬間から、そのことを、脳のある部分で察知していたのかもしれない。

麗しき予兆。
それは、記憶に基因している。
清水尋也が過去に表現した人物たちが教えてくれるのではない。

いつかどこかで出逢ったかもしれない、デジャブのような残り香によってかたちづくられた、限りなく幻想に近い記憶が、知らせてくるのだ。

この、美しい長身の少年(彼は、時を止めている。だから、今も少年のままだ)が、見たとおりのものであるはずがない。

その予感が、私たちの海馬を震わせる。

今そこにある、アロマ。


清水尋也、不滅の残像

最新作『さがす』でも、彼はキーパーソンとして君臨する。
生きる鍵として、降臨する。

映画『さがす』予告編

やがて、正体は明かされる。
しかし、私たちの海馬に焼きつけられた最初の残像は、拭えぬまま、残りつづける。
真相よりも、深層が、重要なのだと、清水尋也の不滅の残像は物語る。

ファースト・インプレッションが、ラスト・インプレッションとなる。

その、無限の円環構造。

そして、私たちは、探していく。
果てなき彼を。
そして、私たちのベースメントは、震える。
消えない香りに導かれながら。

【関連】連載「告白的男優論」

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全30枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 映画『さがす』 (c)2022『さがす』製作委員会

    映画『さがす』(PG12)

    2022年1月21日(金)テアトル新宿ほか全国公開
    監督・脚本:片山慎三
    共同脚本:小寺和久、高田亮
    音楽:髙位妃楊子
    出演:佐藤二朗、伊東蒼、清水尋也、森田望智、石井正太朗、松岡依都美、成嶋瞳子、品川徹
    配給:アスミック・エース
    (c)2022『さがす』製作委員会

    関連リンク


相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太