予備知識ゼロの『劇場版 呪術廻戦 0』レビュー|『呪術』は1時間45分の「放課後」である

2022.1.11
予備知識ゼロの『劇場版 呪術廻戦 0』レビュー

※トップ画像=『劇場版 呪術廻戦 0』通常版パンフレットより
文=相田冬二 編集=森田真規


2021年12月24日に封切られた映画『劇場版 呪術廻戦 0』。『週刊少年ジャンプ』で連載され、テレビアニメの放送をきっかけにブームになったという類似点から『鬼滅の刃』と比較されることも多い同作。

ここでは、公開から15日で観客動員490万人を突破した『劇場版 呪術廻戦 0』を、アニメでもマンガでも『呪術廻戦』に触れたことがなかった映画批評家の相田冬二が、予備知識ゼロでレビューする。

「私にとって『呪術』は、ずっとこの情緒が継続している1時間45分の物語=放課後であった」と評するに至った経緯とは──。

※この記事は『劇場版 呪術廻戦 0』のネタバレを含んでいますのでご注意ください。


「大丈夫じゃないですか。エピソード0なんだし」

大学生や大学院生の知り合いが何人かいて、彼らは私にとって「若者たち」ということになるのだが、当然のように全員『呪術廻戦』を読んだり観たりしている。で、みんな言うのだ。

「『鬼滅』もおもしろいけど、『呪術廻戦』はめちゃめちゃおもしろいですよ」

1年ほど前、予備知識ゼロで『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を観て文章を書いたが、とても楽しかった。なので、彼らに「『呪術廻戦』も予備知識ゼロで映画観ても大丈夫かな?」と聞いてみた。

「大丈夫じゃないですか。エピソード0なんだし」

まだ映画が公開される前のことである。

なるほど。エピソードもゼロなら、私の予備知識もゼロ。0×0=0。納得して、映画館に行って観た。

おもしろかった。

映画が終わって、お手洗いに行くと、小学生たちが熱く語り合っている場面に遭遇、その光景もめちゃくちゃおもしろかった。

『鬼滅』が「授業」だとするならば……

『劇場版 呪術廻戦 0』予告

第一印象。

そうか、学園ドラマだったのか。

なにせ、知識がゼロなので、取っかかりが皆無である。なので、あえて比較対象として召喚するが、『鬼滅の刃』(劇場版しか観ていないが)が正統派の「授業」だとするならば、『呪術廻戦』は「放課後」、あるいは「部活」である。

両作をスクールライフとしての観点から捉えると、『鬼滅』は生真面目、『呪術』はカジュアル。『鬼滅』にもコミカルな描写は挿入されていたが、基本的に真っ当で豪速球。対して『呪術』はかなりくだけた印象だ。ふざけてる、という意味ではない。品のよい、お気楽さがある。いい感じの、力の抜き加減。ほどよい湯温。長湯もできそうである。

命を燃やす『鬼滅』は、いい意味で高温、江戸の古き良き銭湯みたいだ。さっと入って、さっと上がる。私は、熱いお風呂も好きだが、まったりとゆるゆる楽しめる温泉も好きで、『呪術』は後者だなと思う。いろいろあるスーパー銭湯、的な。

カジュアルな放課後。とはいえ、不良性は微塵も漂わないところが現代的。ヤンキーはいないし、ダークな雰囲気もない。危なさがなくて、安心して、湯けむりに包まれる。

原作のサブタイトルに『東京都立呪術高等専門学校』とあるが、本チャンの授業より、アフタースクールの情景が記憶に残る。

たとえば、この映画の主人公(エヴァのシンジと同じ声優さんだ)と、メガネの女の子が、闘いの練習をしている。それをパンダと、おにぎりの具の名前しか基本的に口にしない少年が眺めている。で、そこに、先生(この人がめちゃめちゃ強いのだと、前述した大学生や大学院生たちは声をそろえる)が様子を見に来る。シーンの終盤では、メガネの女の子とパンダが取っ組み合いのケンカ(というか、じゃれ合い)をしているが、一連の流れも含め、この場面に最も『呪術廻戦』を感じた。いいムードだ。とてもいい情緒だ。

『劇場版 呪術廻戦 0』公開記念ナビ特番 東京都立呪術高等専門学校 学校案内

いうなれば、私にとって『呪術』は、ずっとこの情緒が継続している1時間45分の物語=放課後であった。考えてみれば、自分がティーンエイジャーのころの放課後ってだいたい1時間45分くらいの感覚だったよなぁとも思った。2時間でもなければ、1時間半でもなく。1時間45分が放課後。

「言葉の素」を繊細に扱っている作品


この記事の画像(全7枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

toji_aida

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..