北村匠海論──まぶしいほどにリアル。日常と「その先」のスカイラインを、北村匠海はひとりで歩いている。

北村匠海論

(c)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会
文=相田冬二 編集=森田真規


2021年12月に結成10周年を迎え、今年『NHK紅白歌合戦』に初出場するダンスロックバンド「DISH//」のメンバーでありつつ、映画『君の膵臓をたべたい』『とんかつDJアゲ太郎』『東京リベンジャーズ』など俳優としても第一線で活躍している北村匠海。そんな彼の最新主演作『明け方の若者たち』が12月31日に封切られる。

ライターの相田冬二は、「北村匠海は、清潔だ」と評する。俳優の奥底にある魅力に迫る連載「告白的男優論」の第17回、北村匠海論をお届けする。

【関連】アーティストと俳優を分けない「人間、北村匠海」になった。自粛期間を経て魅せる新境地


ただ、清潔でありつづける

久しぶりに清潔なセックスシーンを見た。美男美女によって演じられているからではない。華美に装飾されているわけでもない。性交をファンタジーにしているのでもない。

『明け方の若者たち』の北村匠海は、今何かが失われつつあることの痛みを鋭敏に受け取りながら、しかしシャープに表出させるのでなく、蝋燭が消える寸前、最もその灯を大きくさせるような刹那の輝きを、愛おしいほどの繊細さと、あくまでも平明な写実主義によって、その肉体と表情をさらしている。だから、清潔なのだ。

映画『明け方の若者たち』予告

清潔という言葉は多くの局面で誤解されているが、ありきたりの爽やかさとか、身だしなみや所作のクリーンさということではけっしてなく、身体も心も全裸になってなお、嫌らしさやうしろめたさを漂わせない、平常心の高貴さこそ、清潔と呼ばなければならない。

北村匠海は、清潔だ。

清潔であるということを推し進めていけば、表現は、ここまで人間のリアルに接近遭遇するのだという発見が、『明け方の若者たち』の北村匠海にはある。驚くべき清潔さであると思う。北村匠海は今後、清潔さの概念を変えていくであろう演じ手だ。

『明け方の若者たち』の主人公は、ある恋愛を体験する。それは、彼にかなりのダメージを与える。その様は、情けなくもあるし、不憫でもある。だが、それは、あくまでも理屈がこしらえた幻想だ。

映画『明け方の若者たち』
北村匠海が演じる「僕」と黒島結菜が扮する「彼女」の恋愛模様が描かれる

北村匠海が体現する清潔さは、我々の凡庸な同情を寄せつけないどころか、軽く超越する。ひどく傷ついているにもかかわらず、北村匠海は神々しいまでの存在感でそこにいる。

恋によって何かを喪失した人間が、ここまで清潔であっていいのか。

既成概念でしか生きられない私たちは、しばしの間、戸惑うだろう。しかし、北村匠海が行っているのは、美化ではない。失恋を美しく着飾って、ナルシスティックに酔いしれているわけではない。

そうではなく、ただ、清潔でありつづける。

映画『明け方の若者たち』北村匠海と黒島結菜の“半”同棲シーン

終盤の展開で、私たちは知るだろう。その清潔さは必然だったのだと。この主人公には、この主人公にしか持ち得ぬ清潔さがあり、それは生命のありようにほかならなかったのだと。

北村匠海が追い求めているのは、どこまでもリアルなことだ。そのキャラクターが、その人以外の誰でもないということを命をかけて証明している。その息吹が清潔なのだ。

生きている。リアルに生きている。

冬の空気のように。
明け方のグラデーションのように。
北村匠海は、清潔だ。

北村匠海が教えてくれる「その先」

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』では、節約家を演じた。モノローグも多用されたそのキャラクターは、行為それ自体を見つめるならば、小心者かもしれない。セコいヤツかもしれない。しかし、人物の肌ざわりが、ちっこくもなく、みすぼらしくもなかった。

どこまでも、清潔だった。

Paraviオリジナルストーリー『恋の切れ目がおカネのはじまり?』30秒予告

『とんかつDJアゲ太郎』は、とんかつ屋の息子がクラブDJになって、意中の女の子を振り向かせようとする、かなり突拍子もない青春映画だ。だが、北村匠海は粋なとんかつ屋の白木のカウンターのような佇まいで、ブレることなく、全篇を超然と演じ切った。

ひたすら、清潔だった。

映画『とんかつDJアゲ太郎』本予告

ごく当たり前の人間にも、崇高な魂が宿っていることを、北村匠海は体感させる。

どんな普通の日常にも「その先」があって、それはかけがえのないことなのだと、北村匠海は教えてくれる。

彼は、地平線である。
彼は、稜線である。

北村匠海は、スカイラインのように清潔だ。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全13枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 映画『明け方の若者たち』

    映画『明け方の若者たち』(R15+)

    2021年12月31日(金)全国ロードショー
    監督:松本花奈 脚本:小寺和久
    原作:カツセマサヒコ「明け方の若者たち」(幻冬舎文庫)
    主題歌:マカロニえんぴつ「ハッピーエンドへの期待は」(TOY’S FACTORY)
    出演:北村匠海、黒島結菜、井上祐貴、佐津川愛美、山中崇、高橋ひとみ、濱田マリ
    配給:パルコ
    (c)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

    関連リンク


相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太