『おもしろ荘』優勝者はゆめちゃん。有吉と出川も絶賛「こういう人、好きなんです」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】有吉弘行という男の存在そのものが最高におもしろい


『おもしろ荘』

昨年、3位に輝いたやす子がコーナーMCを任される大出世。今年は例年以上にハイテンションで、大声でボケ、ツッコむというネタが多かった感じ。そんななかでシュールなコント『魚人家族』を披露したトリオ「三匹」が個人的には印象に残った。

もっと票が集まるかと思ったけど意外に上位に入らなかったのは「ぱーてぃーちゃん」。ホストっぽい男性(すがちゃん最高No.1)とギャルふたりのトリオで、有吉に「令和の安田大サーカス」とたとえられる。「カッコいいと思われたい」とすがちゃんは困惑するも、すっかり呼び名が「団長」に。いいキャラだった。

優勝したのは、人力舎のゆめちゃん。「こういうネタどうでもよくてただふざけたい人、好きなんです」と有吉。出川も「素晴らしい」と褒めつつ「ブルゾンちゃんの出来損ないみたい(笑)」。

『あちこちオードリー』

「教えてあげたいね、日大二高の春日と若林に」と若林が言うゲストは爆笑問題。太田はさっそく「ここの佐久間って奴、嫌いなんだよ」と因縁を回収。

高校、大学時代の話から、田中が以前組んだ「東京ギャグポンプ」、ふたりが入ったユニット「クレイジードッグス」の話など、定番の話がディテール細かく語られる。

ふたりで「クレイジードックス」の「ようこそウェルカム チューインガム ブルーヘッドのクレイジードックス♪」という曲を完璧に覚えていて、声を合わせて歌うシーンが名シーン過ぎた。

干されていた時期に不安はなかったのかと問われると、田中は「このへん(頭の隅)では思うけど、別に大丈夫じゃね?ぐらい」と語り、そのころは草野球に熱中。「草野球で年間11勝した。最多勝」と得意げに語る。そうした性格は春日と似ていると若林は言う。

『GAHAHAキング』に対しては「背水の陣」で臨んだという太田は「絶対に10週ストレートで勝つ」「1回落ちたら俺は辞めるくらいの気持ちだった」と泊まり込みでネタを仕上げていったが、田中にはそこまでの熱量はなかったという。

同じように2008年の『M-1』はオードリーにとっても背水の陣だったそう。が、春日にはそんな意識はなく「毎日メチャクチャ楽しそう」。同世代の境遇と自分の現状の差を「何も思わないのか?」と聞いても「何を思えばいいですかね?」と返ってくる。

さらには春日に「幸せだと努力ってできないんですかね? 努力ができないんですけども」と聞かれた。この話、大好き。それを「よくわかるよ」と聞く田中も最高。

攻撃はするのに、嫌われるとシュンとしてしまう太田に対し「言うくせに繊細ってズルい」「どんどん嫌いになる」と笑う若林だが、その繊細さがたまらなく好きなんだろうなと思わせる。芸人にならなかったら「生きてないかもしれない。居場所がない」という太田の言葉に、若林は深く共感していた。

『サンジャポ』などで真剣に語りかける、神田伯山で言うところの「ピカソ芸」を若林は「シリアスに入る」と表現。少数派に寄り添うその言葉を素晴らしいなと思ったらそれが炎上していることがあると。選挙特番での炎上も意外だったと語る。

それを振り返り「56歳になって日本中からあいつは礼儀を知らないって。そんな奴いる?」と太田が自嘲すると、若林「っていうか、太田さんが礼儀を知らないことなんてそろそろみんな知れよって思いますね(笑)」。

番組後半は、パンサー向井と「反省ノート」のコーナー。2022年の目標を、向井は「自分のファンになる」と書く。

「学生時代からお笑い大好きで、ずっと(お笑いファンの向井は)パンサー向井を嫌いだったんですよ。でも去年・今年あたりから、コイツちょっと気になるなって学生時代の向井が思い出したんですよ。だから来年こそファンにさせようって。ようやく自分のことをファンになれるような気がした年だった」と。もうその言葉でファンにならずにはいられない。

若林は「『あちこちオードリー』の追い風でやらせてもらった特番をことごとくレギュラー化できなかった。でも今は今で幸せで、このまま“TV23時以降ラジオ男”のままいくか、無理をしてゴールデン覇王を目指すか決められないまま時だけが過ぎて行く」と反省ノートに綴る。

最終的には「“TV23時以降ラジオ男”のままでいくけどいいね? 決めちゃえば俺はすごい日々楽になる。やる努力も決まってくる。背伸びして自分のエンジンじゃオーバーヒート気味にやらないと『ゴールデン覇王』にはやれない」と語る。

さらには同じゴールデンMCでも「企画主導ゴールデンMC男」と「その男ありきゴールデン男」は違うとも言う。若林「いい? 決めるよ、もう?(笑)」。

そして2022年の目標としてフリップに迷いながら書いたのは「ゴールデン覇王」。そこで星野源の「Pop Virus」が流れ出すのがたまらない。


明日観たい番組:『お笑い名人寄席』『お笑いオムニバスGP』『千原ジュニアの座王』ほか

『お笑い名人寄席』(テレ東)爆笑問題、神田伯山、錦鯉、「お笑い第7世代軍団」vs「浅草芸人軍団」。

『お笑いオムニバスGP』(フジ)「クセがスゴいかくし芸GP」「バク速-1GP」「国民的ヒットソング 合いの手ツッコミGP」。

『ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)NHK放送センターをブラブラ。

『千原ジュニアの座王』(フジ)審査委員長:松本人志/島田珠代、飯尾和樹、くっきー!、西田幸治、平子祐希、岩部彰、R藤本、稲田直樹、堂前透、ナダル、霜降り明星、オズワルド、イワクラ、田辺智加、きりやはるか、吉住、エルフ荒川、サーヤ。

『ものまね芸人 151人がガチで選んだ いま本当にスゴい!ものまねランキング』(テレ東)。

『千鳥かまいたちアワー新春SP』(日テレ)ジャンボだるま落とし・羽子板・叩いて被ってジャンケンポン対決。

『ラヴィット!新年会』(TBS)ぼる塾、ミキ、見取り図、ニューヨーク、東京ホテイソン。

『さんまのまんま新春SP』(フジ)大泉洋、劇団ひとり、上戸彩、今田耕司、菅田将暉、長谷川京子、田中みな実、バカリズム。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太