BE:FIRSTが語る「Kick Start」と『THE FIRST FINAL』への想い【『BE:FIRST Gifted Days』レポート#3】

『BE:FIRST Gifted Days』レポート#3

文=坂井彩花 編集=森田真規


SKY-HI(スカイハイ)が率いる会社「BMSG」が仕かけたオーディション『THE FIRST』。そのオーディションによって誕生した7人組ボーイズグループ「BE:FIRST(ビーファースト)」のデビュー後の日々を追いかける番組『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』。

第3回では、『THE FIRST』の課題曲をマッシュアップしたBE:FIRSTの楽曲「Kick Start」の制作風景や、『THE FIRST FINAL』(2022年1月29日・30日、ぴあアリーナMM)開催についての想いを語るBE:FIRSTの様子が届けられた。

【関連】BE:FIRSTがMV撮影現場で明かす「Gifted.」に込められたメッセージ【『BE:FIRST Gifted Days』レポート#2】


「Kick Start」レコーディング初日に密着

「Kick Start」レコーディングのため、『THE FIRST』のトレーナーを務めていたMatt CabとMATZが待つスタジオを訪れたBE:FIRSTの7人。クリエイティブ審査と同じトラックを用いて、まったく新しい楽曲を誕生させることに。プロデューサーのMATZから「あの時からこれだけレベルアップした、とリスナーに聴かせてあげられるようにしていきましょう」と、声をかけられたメンバーたち。

そして7人は5分間ずつブースに入り、ウォーミングアップがてら軽く案出しをすることに。ここで先陣を切ったのは、オーディション合宿のTeam Aのときと同様にLEOだった。「前のメロディわからなくなっちゃう」と困ったように笑いながらも、堂々と新たな旋律を響かせた。

つづいてブースに入ったMANATOは、「胸がドキドキだ」と緊張した様子。それでも、さすがSKY-HIに「すべてが“音楽”で構築されている」と言わしめた人物。ひとたび始まってしまえば、身体から湧き出るメロディを伸びやかに乗せていく。

そして、RYOKIが「アンパンマンのマーチしか出てこない」とこぼせば、SOTAも「これ全然出ないわ……」と頭を悩ませる。JUNONも「やばい、緊張してきた」とはにかんだが、マイクの前に立つと落ち着いて音を紡いでいるように見えた。

ここでMattから「宇宙語で歌うのもありだと思うけど、そればっかりになると歌詞を考えるときにマッチしない。よくあるのはメロディは素晴らしいけど、歌詞になるとプラスにならない。マイナスになってしまう。ところどころワードも入れたら、それがヒントになりそうですね」と、提案が入った。

アドバイスを受け、RYUHEIがチャレンジ。ブースから出てきたときの彼は「むずい、むずい」と呟きながら、楽しさと難しさの間に揺れているようだった。SHUNTOが余裕しゃくしゃくに自身のテイクを録り終えれば、RYOKIは「しまじろう」のワードを交えて個性の光るフレーズを捻出。MattとMATZが全部の歌唱を巻き取りまとめるかたちで、BE:FIRSTの面々はいったん休憩に入った。

ひとまず曲ができ上がり、SKY-HIも交えて視聴が行われた。切って貼って作ったとは思えない出来に、メンバーもSKY-HIも興奮気味。Mattからは、「MANATOのベースがよかったね」という感想も漏れていた。

「もし一発目と思う人がいたら、頭でラップを入れてもらって……」とふわっとした指示が入ると、「行っちゃおうか、SOTA」とSKY-HIがすかさず指名。SOTAは緊張した面持ちでバースを蹴り、「最初だからムズいな……」と頭を悩ませる。その後もMattの作ったデモをもとに、続々とブースへ入っていくメンバーたち。ひとまず全員がサビの歌詞を書いてみるということで、この日のレコーディングは締め括られた。

BE:FIRSTが語る「Kick Start」に込めた想い


この記事の画像(全68枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太