Snow Man目黒に佐久間が呆然「僕の知ってる目黒くんじゃない」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】キスマイ宮田俊哉、『劇場版BEM』で声優初挑戦!アフレコの現場で活きたジャニーさんの教え


『くりぃむナンタラ』

初回放送。前身番組『にゅーくりぃむ』の定番企画「人間インストール」は、有田らが遠隔操作でゲストを操り周囲を驚かすドッキリ企画。その中でほぼ唯一大ハネした『新日ちゃん。』とのコラボ企画を応用したかたちで、今回は『ミラクル9』とのコラボ企画。有田、サバンナ高橋に加え、クイズの猛者であるカズレーザーと日高大介の4人を、ウルフ・アロンとSnow Man目黒のふたりに「人間インストール」してクイズに答えていくというもの。騙される側に『新日ちゃん。』のときもいた真壁刀義がいるのもいい。クイズ自体はふたりが事前に答えを教えられるわけではなく、4人がガチで解くというのが、4人の熱気にもつながっておもしろい。

ジャニーズの中でも「バカキャラ」で通っているという目黒がすらすら答えているのを目の当たりにして、「僕の知ってる目黒じゃない。たぶん初対面」と同じグループの佐久間は呆然。高橋らの指示で小ボケを挟むと宮崎美子が「何それ?」とイラつきを隠せない。その宮崎との対決では、宮崎が先行というのも手伝い、4人束になっても敵わず相手に得点を許すが、失点はこれだけ。

ジャニーズ好きの青木アナが、「目黒くんはジュニア時代、みんなの集合時間よりも1時間早く来て隠れて自主練してた」などこの驚きの状況を理解しようと的外れな分析をしたりするが、目黒たちと同じチームのメンバーすら引いていく恐ろしい空気に。バラエティ番組がいかにチームプレーに支えられているのかが逆によくわかる。

そんななか、あり得ないほどの大差がついた状況で、なんとか番組成立のために「いつもどおりに振る舞うな! 緊急事態だ!」などと奮闘するノブコブ吉村の偉大さが際立つ。超難問も正解し、答えられた理由をボケて返す目黒に「はぁ?」と明らかに不機嫌な宮崎が怖い。ネタばらしされてようやく笑顔が戻った宮崎は最後にひと言。「クイズなめとんか!」

『ロンドンハーツ』

パンサー尾形へのドッキリシリーズ。今回はもしも『情熱大陸』が密着したら。2ヶ月にわたる長期密着。『情熱大陸』出演をサプライズで知らされると、「来たじゃん! もう安泰よ!」とテンションが上がる尾形。ほかのふたりはドッキリだと知っているが、「今のパンサーの勢いをどう思う?」などドッキリと承知の上で答えると恥ずかしい質問をされ、やはり今回も巻き込まれていく。

配信エロ番組『ミルクパンサー』(偽番組。いいタイトル!)が始まることになり、一瞬悩む尾形。自分を検索するとエロ番組での自分が出てくるそうで、それを払拭したいと。けれど「『情熱大陸』ならチャラというかプラか」という謎の理論で了承。この番組の立ち上げから収録までが密着の軸になることに。

エロ番組の企画会議でも密着でカッコつけるのか、という趣旨のドッキリだが、尾形の度を超えた真っすぐさはそんな想定を簡単に超えていく。「エロで世界を狙う」という番組に心を動かされ、「エロで食っていくと決めたんで」と前のめりになった尾形は、密着など忘れたかのようにエロ番組に没入していき、まったく放送では使えないエロ発言を繰り返す。このままでは成立しないと考えたのか、本来、収録風景を撮影する予定だったが、番組が白紙撤回になるという報告に。

いつもながら、尾形はあり得ないようなことも信じてしまうけど、あり得ないような言動でそれを凌駕して、さらにあり得ない展開へと進んでいく。ネタバラシは次週に。


明日観たい番組:放送延期になっていた『アメトーーク!』“マンゲキ”芸人回

『ダウンタウンDX』(日テレ)「売れっ子芸人のグチSP」岩井勇気、海原やすよ ともこ、川島明、陣内智則、多田健二、田中卓志。

『アメトーーク!』(テレ朝)「よしもと漫才劇場芸人」。

『かまいガチ』(テレ朝)「朝の番組の顔・濱家がギリまで寝られる場所を探そう」。

『アウト×デラックス』(フジ)内山信二、ベテランち、増田有華。

『NEWニューヨーク』(テレ朝)「30分で即興名曲づくり」。

『野田レーザーの逆算』(テレ朝)「翻訳逆算」「まちがいさがし逆算」。

『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』(日テレ)スギちゃん。

『川島・山内のマンガ沼』(日テレ)吉本浩二。

『徹子の部屋』(テレ朝)柄本明、笹野高史、佐藤B作。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太