「さまぁ~ず=ごきげん」銀シャリ橋本のさまぁ〜ず愛、爆発(てれびのスキマ)

2021.9.6

テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】さまぁ〜ず、ナイツ塙がお笑い賞レース審査員の苦悩を語る

『さまぁ~ず論』

ゲストは銀シャリ。銀シャリとさまぁ~ずは共演経験はあまりなく、鰻との共演は初だと言う。

だが、橋本はさまぁ~ずの大ファン。彼らが載っている雑誌やDVDなどほとんど買っているそう。「『大石恵三』も見てましたから! 終わったとき、絶望しましたもん」「始まった番組っていうのは責任があるんですよ。好きになるだけならせといて急に振られる感じ」と橋本は愛情を爆発させる。「そのあと、タレントの大石恵さんが出てきたときに、わっ、大石恵三って一瞬思いましたもん。『三』がない!って」 同じこと思った!

そして、橋本はさまぁ~ずを「ごきげん」と形容し、「人っておもしろいこと言うとか、エッジ効いたことじゃないくて、『ごきげん』な奴が最強なんですよ」と「ごきげん」こそ最強と語る。この、さまぁ~ず=「ごきげん」というのは秀逸な表現。だから「オチのある話じゃなくてもエンドレスに喋れる」と。

それ以外にも歳をとったふたりは「太極拳の極み」だとか、三村のツッコミを「裏打ちのドラム」と表現したり、橋本の批評芸が冴え渡る。橋本は大好きな星野源を語っているときも思ったけど、めちゃくちゃ批評の言葉を持った人。批評的なコラムを書いたら絶対におもしろいはず。

『シンパイ賞!!』

上京間近の見取り図にいい街を案内するという企画。

トム・ブラウンが笹塚、永野が三軒茶屋が紹介するなか、アルピー平子は20年以上住んでいる高円寺を「空がロスと一緒」などと平子節を混じえながら紹介。

自転車に乗るゾマホン、酔いつぶれたまちゃまちゃ、散歩する水道橋博士など有名人とよく会い、中でも鬼越・坂井としょっちゅうすれ違うそう。立ち話しなきゃいけないのが可哀想だからと、冗談半分で「今後会っても無視していいよ」と言ったら本当に無視し出したという。どんなふうに無視されるのか実際にやってもらったと再現するのが、まさかの本人。そのためだけの出演というふざけたVTR。この悪ふざけテイストのVTRが番組終了で観られなくなってしまうのは本当に悲しい。

VTRを観終わった盛山は、住処候補を大阪の移動の便がいい品川とまったくVTRと関係のない場所を挙げる。リリーも憲武から麻布十番を提案され、探してもらっていると。当然のようにふたりにとって意味のない企画。盛山「でも『シンパイ賞!!』に出れて良かったです(笑)」。

明日観たい番組:『ロンドンハーツ』の「自分の良いトコ自分で答えましょうーかまいたち編ー」など

『マツコの知らない世界』(TBS)「芋けんぴの世界」「ワイヤレスイヤホンの世界」。

『華大さんと千鳥くん』(フジ)「ランキング、ピッタリ当てたら100万円」バカリズム。

『ロンドンハーツ』(テレ朝) 「自分の良いトコ自分で答えましょうーかまいたち編ー」。

『霜降りバラエティ』(テレ朝)「石川と佐々木に戻ろう!!大阪リベンジャーズ」完結編。

『にゅーくりぃむ』(テレ朝)「秋スタート新番組に持っていくべき企画」。

『ぼる塾の煩悩ごはん』(テレ朝)空気階段・鈴木もぐら。

『イグナッツ!!』(テレ朝)10文字委員会「お酒」。

『チマタの噺』(テレ東)ドランクドラゴン鈴木拓。


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全1枚)


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

ARTICLE LIST

てれびのスキマさんの関連記事一覧

てれびのスキマさんの
新着・人気記事をお知らせします。