原口あきまさ、自分は“芸人になりたかった人間”。芸人に対する憧れや深い愛情と複雑な思い(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】「異次元すぎる天才」ミラクルひかる、ものまね芸人ランキング第1位に。しかしアンガ田中は「絶対認めない!」


『お笑い実力刃』

原口あきまさ・ミラクルひかる・ホリがゲスト。ものまねは「顔」からか「声」からか、何から始めるのかという問いに、ミラクルは「諦めないところから始めないとダメ」と語り、真似しやすい「クセ」から入るそう。

「いつの時代の本人をやるか、こだわりは?」という質問には「みなさんの1番無意識にイメージが残ってる時代はいつかなって考える。カッコいい言い方をすると表面意識より潜在意識」だと。一方で、過去、ものまねで擦られすぎているものは避けるので、「潜在意識」と「こすられ具合」の最大公約数を探るのだと。

原口はものまね四天王が「ものまね=デフォルメ」とイメージを作ったので、自分たちが生き残るには「リアルな空気感」を作っていったほうがいいと考えるようになったという。

そんな原口は、ものまねする際、その人の「間」を大事にしてるそう。「間が狂ってくるとその人に見えてこない」「話を聞いているときの間」だと語り、貴明とさんまの違いの実演。しゃべっているときよりも聞いているときに注目するというのは目から鱗。確かに相槌の打ち方だけでその人の特徴が如実に出る。ザキヤマは「なるほどねなるほどね」のように「、」がない。対称的なのはフジモン。ひと言ひと言短く区切るのだと。

「似てるね」と「おもしろいね」どちらがうれしいかという問いには、3人ともが「ウケたい」と口をそろえる。特に原口はもともとお笑い芸人としてデビューしているから「芸人になりたかった人間なので(お笑いの)みんなが羨ましい」と語る。だから「なりたいと思ったらなれる」と芸人のまねをしつづける、原口の芸人に対する憧れや深い愛情と複雑な思いを感じた。

お笑いとものまねの垣根がなくなったのは、芸人からものまねに行き、架け橋になった原口の存在が大きいとザキヤマ。最後に「なぜ彼らがこんなにもおもしろいのか」を「ものまねよりもお笑いが大好き」だからとザキヤマは結論づける。

『24時間テレビ』

「スプーンがカレーをすくう!」というかもめんたる槙尾の宣言から始まった深夜の『有吉の壁』パート。大部分が総集編的なものなのかなと思っていたら、意外にも新作部分も多くておもしろかったし、過去の映像もいい感じに忘れてたこともあってか何度観てもおもしろい。

「ミスター壁」を決める総選挙。これまで体を張った芸で「ミスター壁」と呼ばれてきた安村に対して「冷やかし」で呼んでるだけだと、チョコプラはこき下ろし、自分たちの貢献度が一番高いと主張。

その安村は「現・ミスター壁としては譲れないというか世間が譲らせてくれないでしょうね」とうそぶき「自分で『なりたい』と言ってるようじゃまだまだ」と語る。パンサーは本人たちいわく唯一の初回から皆勤賞だそう。この3組のうち誰かかなあと思っていたら、意外(?)にも、投票で1位を獲得したのはシソンヌ。が、ドラマの撮影中で授賞式のスタジオに来られず権利剥奪。2位の安村が優勝。結果、安村が「ミスター壁」を“防衛”することに。チョコプラ「大茶番よ!(笑)」。


『まんが未知』

今回の原作担当は新日本プロレスの高橋ヒロム。

この番組を「めちゃくちゃ観てた」という彼は「『地獄先生ぬ~べ~』にすべてを教わった」と断言。「性の目覚めもぬ~べ~から」だそう。

原作のテーマは「ハイスピードコメディホラー」。この番組では初のホラー。「格闘なんて一切ない」と高橋。

作画担当はホラー漫画家・児嶋都。山本晋也の実の娘。不勉強ながら山本晋也の娘とはまったく知らなかったから驚いた。「ダメだったらダメ出しします」「怖いのレベルは?」「『ぬ~べ~』のトラウマ回はかわいい怖さ」などと原作を読む前から圧をかける児嶋。それにあからさまに不安の表情を見せる高橋。やっぱりこの番組の肝のひとつはこの緊張感。

原作を読み終えると「すごい酷い話」という褒め方で称える児嶋。「よかったー!」と不安から開放され喜びを爆発させる高橋。彼はネーム案まで持ってきていた。岩井「高橋さんのあんな不安な顔見たくなかった。最後の調子乗ってる感じも全然見たくない(笑)」。

明日観たい番組:『水曜日のダウンタウン』で「クロちゃん新企画」など

『有吉の壁』(日テレ)「修学旅行in箱根」。

『水曜日のダウンタウン』(TBS)「クロちゃん新企画」。

『あちこちオードリー』(テレ東)古舘伊知郎。

『お笑い実力刃』(テレ朝)新企画「soko-hirou」。

『それって!?実際どうなの課』(テレ朝)「森川葵×驚きスプレーアート」。

『まんが未知』(テレ朝)高橋ヒロム×児嶋都。

『キョコロヒー』(テレ朝)「齊藤さんが『きれはし』をほんの少しだけ読む」「TAKAHIRO先生特別編」。

『徹子の部屋』(テレ朝)に三宅健。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太