神田伯山と山田雅人の“10数分の話芸”をフルで観せてくれる『お笑い実力刃』の心意気(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】神田伯山が語った「歌なんて誰も詠まない」時代の戦い方


『お笑い実力刃』

「話芸の達人」ということで神田伯山と山田雅人がゲスト。

「ヒール講談のほうがメジャー」と笑う伯山は「徂徠豆腐」を約18分にわたり披露。柴田「涙出ました」ザキヤマ「聴くというより中にいる感じ」伊達「圧巻でした」と口々に称賛される。

山田雅人は、アンタッチャブル本人への取材をもとに作った「復活の夜」と題された「語り」を約13分。それを聴きながら富澤は何度も涙を拭う。

ザキヤマ「あの日のことを鮮明に思い出す。漫才終わったあとはあまりの緊張に何も覚えてなかったんで。ドッキリを引っかけるほうが緊張しちゃったっていう(笑)」。

10数分の話芸をしっかり観せてくれる番組に心意気を感じた。

『アメトーーク!』

「じゃない方芸人2021」。

今回はアインシュタイン河井、マヂカルラブリー村上、相席スタート山添、錦鯉・渡辺、おいでやすこが・こがけん、宮下草薙・宮下、ティモンディ前田というメンバー。「全員知らん」と笑わせるMC横のケンコバが今回、いつも以上にイジり役に徹してサポートしていた印象。

若林や大吉のように「ひとり、ふたり逆転するやろうね」とコバが振るも、沈黙する面々に「全員、目そらした(笑)」。

けれど、村上は今回から3回連続で『アメトーーク!』に出演する模様で、もはや「じゃない方」の域を超えている。ほかのメンバーも名物企画「じゃない方芸人」として呼ばれる手練だらけ。

「『他1名』とクレジットされる」「マネージャーと間違えられる」などこの番組おなじみの「じゃない方」あるあるを紹介。前田が高岸並みに運動神経がいいことは、もはやよく知られているが、番組ではどちらも挑戦した上で、高岸がうまくいくとカットされてしまうそう。

このエピソードにコバは「プロの球団でも力一緒やったら人気あるほう使うやろうから」と笑うと、前田「コバさんのこと、今日で嫌いになりそう(笑)」。

高岸が登場すると「ティモンディのメインは前田」など企画を根底から覆す発言を堂々とする彼にコバが「改めて高岸に夢中」と「150キロなんてみんな投げられる」談義に。やはり強い。

この中で一番ガッとくるのは渡辺だと長谷川は主張し「早くしないと僕が死んじゃう」と言う。そんな渡辺に25万の借金をしていると暴露されると「色をつけて返しますよ!」と長谷川。26万にして返すと言う長谷川に「みっともねーな」と渡辺。長谷川「QUOカードもつけます!」。


『マヂカルクリエイターズ』

「そろそろ本格的にマネタイズを考えたいよ〜!」ってことで、まずは「安く問題を作ってくれるクイズ作家」を探す。

その候補生にリップグリップ岩永、うっらい、そしてこの番組に最適だと常々思っていた三日月マンハッタン仲嶺が登場。ツイッターで見つけDMで出演依頼したという一般人・うっらいが「芸能バカ」クイズだったためか、仲嶺は『こち亀』クイズ。絶妙なラインをついたクイズに大盛り上がり。

後半は、以前、ZAZYが作ったゲーム「問題発言ひょっこりはん」を再び。野田らがひど過ぎる「問題発言」の数々。

最後、野田に代わり「問題発言」を発表する側になった村上「スプリットタンをジロジロ見てたら勃起したよ」。そのサイコな発言に即座に「アウト」の札が上がる。村上「実話なんだけど……」。

明日観たい番組:『ゴッドタン』で「気づいちゃった発表会」など

『徹子の部屋』(テレ朝)45周年スペシャル。明石家さんま。

『さんまのお笑い向上委員会』(フジ)「借金軍団vs3時のヒロイン」。

『有吉反省会』(日テレ)藤岡弘、。

『そろそろ にちようチャップリン』(テレ東)「SMAvs浅井企画」延長戦。

『ゴッドタン』(テレ東)「気づいちゃった発表会」。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太