アルピー平子軍団、見事な集団芸を披露。『水ダウ』道連れチャレンジの結果は(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】大悟が憂う『アメトーーク!』問題。アルピー平子「僕の収録のベースは会議室」


『水曜日のダウンタウン』

「釣りで大物がかかって海に引っ張られる演技をすれば最大5人は道連れに落ちれる説」。

それぞれがかわいがっている後輩芸人を「カジキが釣れるまで帰れない」という偽企画で海落ちへと誘う道連れチャレンジ。吉本のパンサー尾形、松竹のTKO木本、太田プロのアルピー平子。

尾形の後輩芸人は結束力があり、尾形を海に落とすまいとする力が強過ぎて、尾形自身もなかなか落ちることができず道連れ失敗。「優しく押さえてくれ」という意味不明の指示まで飛び出す始末。

中でも囲碁将棋・根建が力強い。2度目の挑戦時には事前に一番遠い位置に配置し、MAX4人道連れにしようとするも、やや出遅れながら根建も合流し失敗。やがて、ありえない形で落ちようとする別競技のような状態に。

逆に木本軍団は「助けて」と言ってもメンバーの集まりが悪くホールドも弱め。そのためひとりしか道連れにできず、「なんで手離したん?」と得意のねちっこい説教を始める木本。

その説教は「ライブのときでもそうや」と別の説教にまで飛躍。これを観たいがためのキャスティングに違いない。

2度目の挑戦の際は、説教効果もあって改善はしたものの、強く引っ張ろうとした木本に小林メロディ「やめてください」。

成功したのはアルピー平子。事前に“平子ってる”煽りでメンバーを焚きつけ、コントチックな状態に。押さえつける段になっても平子のわけのわからない指示に懸命に従うメンバーたちは5人共、見事に海に落下。

さすが竜兵会から脈々とつづく集団芸の太田プロ。予想外にハネた説だった。

『コンテンツ・ラヴァーズ』

松本まりか・神田伯山・佐久間宣行がテレビや配信・映画などのコンテンツについて語る番組。

この3人はもちろん、司会役の杉浦友紀アナウンサーも進行に留まらずコンテンツ愛にあふれていてとても光っていた。『俺の家の話』や『大豆田とわ子と三人の元夫』など他局のドラマについても熱く語られる。

神田伯山は『水曜日のダウンタウン』について「スタッフがダウンタウンさんと戦っている」と評す。佐久間は『魔改造の夜』を例に挙げ、作家の竹村武司を紹介。「映画もドラマもスタッフで観ることがある。バラエティもあってもいい」と佐久間。

これは僕もずっとそう思っていて、もっとスタッフの名前を全面に出すべきと主張してきた。そうした流れで作家の矢野了平やテレビ朝日プロデューサーの芦田太郎の名前が挙げられる。

ひと通り佐久間が配信ドラマなどを語ったあと、「佐久間さんって質の高いものを観るのが好きですよね?」と伯山。「僕ね、逆なんです。YouTubeとかでおっさんがチャーハンを炒めてる映像をずっと観てるんです」とつづける。

そんな伯山に「わかりますよ」と佐久間。「僕も何も考えたくないときは、ぼる塾がただ飯食ってるだけのYouTube観ます。いいんですよ、田辺さんが幸せそうで(笑)」。


『ぼる塾の煩悩ごはん』

先々週・先週のゲストに山崎ケイ。

あんりはお世話になっている作家の山田ナビスコに「まずは猫塾を観ろ」、その後「お前は山崎ケイみたいにしゃべれなきゃダメなんだ」と言われ、相席スタートと猫塾がネタをやっているときは必ず観に行っていたという。

田辺も「女芸人は相席さんが単独ライブやるって言ったらみんな見学に行く」と証言。がっつかずナチュラルに笑いを取るところに憧れる、と口をそろえる。

それは団体芸ができないだけと謙遜する山崎は、田辺も自分も「ただ女であるだけ」「ただ生きているだけ」でその姿をおもしろがってもらえているのだと言う。

夫は現在落語家の立川談洲。もともとは吉本の芸人で山崎にとっては後輩、ぼる塾にとっては先輩に当たる。

山崎はネットなどで批判的コメントを書かれると、夫に「顔から性格の悪さがにじみ出てるって言われた」と告げ「そんなかわいいのに?」と、「悪意のある傷つけようとしてくる奴らをイチャイチャの材料にしてやる」のだと語る。

これにあんりは「体に電流が走った」と。「(そういうコメントは)笑いにするしかないと思っていたが、それが少し悲しかったから」。

その後ものろけ話をつづける山崎に対し、田辺が突如口を挟む。田辺は談洲の家に一度行ったことがあるほどお互い心を開いた関係。彼は田辺のことを「チカちゃん」と呼ぶそう。実は田辺も彼のことを「すぐたん」と呼んでいたと明かす。

「田辺さんもよくそんな急にマウントみたいに(笑)」とあんり。ふたりの結婚発表を目にした瞬間、田辺は「あー!」と叫び拍手し、1回空を見ていたそう。

明日観たい番組:『人志松本の酒のツマミになる話』にアンミカ登場。ゲストはジャンポケ斉藤、清水翔太、土屋アンナ

『人志松本の酒のツマミになる話』(フジ)にアンミカ、ジャングルポケット斉藤、清水翔太、土屋アンナ。

『脱力タイムズ』(フジ)にジャングルポケット斉藤、佐野玲於。

『ジロジロ有吉』(TBS)スゴすぎる軽キャンプ車をキスマイ二階堂がリポート。

『ドキュメント72時間』(NHK)「巨大熱帯魚店 小さな命のある暮らし」。

『A-Studio+』(TBS)に佐藤栞里。


この記事の画像(全7枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太