SKY-HIが確信する「日本の音楽業界にとって絶対に必要な一歩」【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#19】

文=坂井彩花 編集=森田真規


SKY-HI(スカイハイ)が率いる会社「BMSG」が仕かけるオーディション『THE FIRST』。その模様を追いかける番組『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』の第18回では、最終審査の内容が判明し、長期間に及んだ合宿の最後にSKY-HIとボーイズがお互いに感謝の気持ちを伝える様子が放送&配信された。

そして8月6日に公開された第19回では、4組に分かれて行われた「クリエイティブ審査NEO」の模様が届けられた。

【関連】SKY-HIが今、新会社とボーイズグループを作る理由。大切なのは未来へバトンをつなぐこと


それぞれの想いが交差する最終審査前夜

約半年に及んだオーディション『THE FIRST』が、いよいよ終わりを迎えようとしていた。最終審査を明日に控えた夜、ボーイズはそれぞれの想いを明かした。

ショウタは「ここしかないと思い、挑んで間違っていなかった」と語り、ランは「こんな自分でも夢を追っていいのだと思えた」と新たな夢に胸をときめかせる。そのまっすぐな眼差しは、『THE FIRST』に挑戦した自分に誇りを持っていることが伝わってくる。

擬似プロ審査でテンが脱落したとき「合宿で得たものは“仲間”」という言葉を残したが、最終審査へ駒を進めたボーイズも同じような想いを抱えていたようだ。「素敵な仲間に巡り合えたことに感謝したい」というリョウキを筆頭に、このオーディションで出会えた同志にそれぞれが思いを馳せた。

また、自身の成長を感じるボーイズも多かった。リュウヘイは「こんなに短期間で変われるのか、と思わされた」と感想を述べ、シュントは「自分自身を愛する心が持てた」と話す。『THE FIRST』は参加メンバーの歌やダンスのスキルを成長させただけでなく、それぞれの心も大きく成長させていた。

「15人でやるつもりで、最後のパフォーマンスを披露してほしい」

いよいよ迎えた本番当日。「1年目の会社、初めてのボーイズグループプロデュース。興味本位や、なんとなくでやってきたつもりはないです。日本の音楽業界にとって、日本にあふれる才能にとって、絶対に必要な一歩であることを常に感じながら進んで参りました」と告げ、SKY-HIは最終審査の幕を開けた。

最終審査で『THE FIRST』から日本の音楽業界に提示されるパフォーマンスはふたつある。ひとつ目は、3次審査で行った「クリエイティブ審査」を進化させた「クリエイティブ審査NEO」だ。作詞作曲のみならず、トラック選定やチーム編成もボーイズの自主性に任された。

ふたつ目は、10人が5人ずつのグループに分かれてプレデビュー曲「Shining One」のパフォーマンスを披露する。このふたつのパフォーマンスを経て、BMSG初となる、SKY-HIプロデュースによるボーイズグループのメンバーが決定するのだ。

また、合宿を一緒に過ごしてきたタイキ・ルイ・テン・ナオキ・シュンスケも最終審査の様子を会場内で見守った。ひと言ずつコメントを求められた場面では、さまざまな想いが去来したルイが涙を流す場面も。「今までやってきたことをすべて出し切って、がんばってください」という彼の激励は、合宿を共にした仲間だからこその重みがあった。

「結果がどうなったとしても、君たちは僕の財産だし、僕の誇り。合宿審査で脱落した5人も僕の人生の一部だし、最高にかけがえない時間をくれた仲間だと思っています。今日は15人でやるつもりで、最後のパフォーマンスを披露してくれたらうれしいです」とSKY-HIが告げ、クリエイティブ審査NEOがスタートした。

「Show Minor Savage」と「96BLACK」のパフォーマンス

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全72枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太