阿佐ヶ谷姉妹・江里子の“オールラウンダーな芸人としての能力”が評価されていた『ロンドンハーツ』(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】「この人と付き合いたい」芸人、兼近&向井よりモテていたハナコ岡部


『ロンドンハーツ』

女性芸人たちに「もしも新しく組むならどの女芸人と組みたいか」を調査。

「美穂さんと切っても切れない」から、選ばれるか不安という阿佐ヶ谷姉妹・江里子。初登場の吉住は「リアルに親から観てはいけない番組」だと言われていたと語り「正直この企画が来たときに、ひとりで楽しくやってるんだからほっといてくれよ」と思ったそう。

そんな江里子、吉住、ヒコロヒーが並ぶ座り位置に、有吉は『ゴールデンラジオ』チーム」と笑う。

その吉住が3位に江里子を選出。「大喜利もネタもトークもできてロケも歌も上手い。芸人として完璧。(美穂と)3人でコントしたい」と高評価。

江里子は結局、平野ノラ、納言・幸からも1位、たんぽぽ川村からも2位と1番人気。意外にもその人柄以上に、オールラウンダーな芸人としての能力を評価されての選出というのがおもしろい。ノラは「歳を重ねるほどおもしろくなる。希望」だと。

吉住の1位は蛙亭イワクラ。イワクラも吉住を3位で選んでおりプチ相思相愛。このコンビはめちゃくちゃ観たい。ヒコロヒーも票を集めるもほとんどが3位で最高でも2位(イワクラ)。「遅刻癖」などの素行の悪さで1位からは外れたというのがなんともヒコロヒーらしい感じ。

『しゃべくり007』

『しゃべくり』に出るのが夢だったという斉藤由貴が登場。

『紅白』の司会をしたときよりもうれしいと言うも「『はね駒』は特別ですけど」と落とす。上田に出たいと言ったとき、「旬の人しか出られない」と言われたそうだが「そんなこと言うわけない!」と上田は否定。そのときのことを再現し、総スカンを食らう上田は「なんだその髪型!」と「迷っている」という髪型を盛大にイジられる。

過去の写真一覧が出てくると、水着写真の胸の部分を手で隠す斉藤由貴がチャーミング。デビュー2カ月後に出た「青春という名のラーメン」のCMを振り返り、当時は「朦朧としてた」と語る。

ドラマなどの出演時には、台本は当日現場で覚えるというまさかの“DJ松永スタイル”。

今回、「元祖あざとかわいい女優」という肩書で登場した斉藤由貴。あんまり「あざとい」という印象はあんまりないけどなあと思っていたら、即興劇になると唐突に「ていうか、なんで私があざかわにならなきゃいけないわけ?」と語りだす。「全然違うでしょ!」。


『激レアさん』

「インスタントラーメンを食べる度に記憶が戻った人」が登場。

見たことある人だなと思ったら『マツコの知らない世界』の「インスタント袋麺の世界」にも出た人だ!

インスタントラーメンを主食にしていた幼少期を過ごし、事故をきっかけに言葉すらわからない重度の記憶障害を患った激レアさん。概念がないから感情もわからなくなってしまったそう。

サッポロ一番カップスターを食べた瞬間「夏、小4のときに行った市民プールの映像」が思い浮かんだという。スゴい話。実際、医学的にもにも「匂い」から記憶が戻ることがあるとのこと。チキンラーメンから「言葉・文字・計算」を、カップヌードルからは「パソコンの使い方」を思い出したと。

「陽キャ」であればいいと思っていたが「UFO」を食べたときに思い出したのは残念ながら「地味な文化系キャラ」だったこと。初体験や恋愛話の記憶が出てくることを期待するゲストの劇団ひとり。「青春という名のラーメン」で思い出したのが「好きな女性」と聞くと色めき立つ。

だが、「セーラ服を着たすごい綺麗な女性。斉藤由貴」と語る激レアさんにガッカリする劇団ひとり。「もしかしたら斉藤由貴さんと付き合ったのかな?」と思ったが「ポスター」だったと。

ここでこの直前に放送されていた『しゃべくり』とつながるとは! 若林によるラベリングは「高校時代、恋愛に対してチキンラーメンだった人」。

明日観たい番組:『アメトーーク!』「実は歌出してる芸人」など

『クセがスゴいネタGP』(フジ)アキナ、AMEMIYA、石川晟也、COWCOW、蛙亭、加藤礼愛×久保田かずのぶ、黒沢かずこ、中岡創一、ネルソンズ、馬場園梓×中山功太、原口あきまさ×JP×ガリベンズ矢野×シンディー、パンクブーブー、見取り図、ランジャタイ、レインボー。

『ダウンタウンDX』(日テレ)「ダウンタウンさん覚えてますか?クイズ」。

『アメトーーク!』(テレ朝)フットボールアワー後藤&大久保佳代子&かまいたち山内&アンタッチャブル柴田&スピードワゴン井戸田&ハリセンボンで「実は歌出してる芸人」。

『アウト×デラックス』(フジ)南美希子、新山大。

『かまいガチ』(テレ朝)「1カ月後の自分を大予想SP」。

『NEWニューヨーク』(テレ朝)「キモ肝試し」後編。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太