11人のパフォーマンスと対峙するSKY-HI「人生の集大成を掲げる日になった」【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#16】



人生を懸けた11人の「To The First」

そうして迎えた、合宿最終審査当日。ボーイズには、河口湖ステラシアターに設置された特別ステージが用意された。本番を前にSKY-HIは、「本来であれば、1カ月に及んだ合宿の課題発表であり、合宿3回目の審査日っていうだけの日だった。でも、想像以上に団結力や絆が生まれた」と感慨深げにこぼした。

本気で音楽ファーストを追求した1カ月間は、SKY-HIを含めた12人をひとつにしていた。それだけ距離が近づくと、情に流されそうになる瞬間が普通ならあるだろう。しかし、SKY-HIは次のように語った。

「合宿だけでなく、これまでの人生の集大成を掲げる日になりました。人生を懸けている彼らに真摯に向き合ったときに、自分も人生を懸けているので、情に流されてしまうことはあってはいけないし、それは彼らに対する冒涜だと思うので、シビアに決断しつづけることに対しては迷いや不安や悩みはあるけれど、最初に抱えた強い意志を絶対に揺るがせないことだけは確かです」

いよいよ迎えた本番のパフォーマンス。ルイからリュウヘイへとつながれる歌い出しは、一気に楽曲の世界観を構築。「To The First」という作品の持つ気高さを、一瞬にして放って見せたのである。ランが力強い視線で王者の風格を滲ませ、11人全員が主役のパフォーマンスを展開していく。

歌割りの秀逸さも光った。ショウタが<居場所がない 行く当てもない なら自分で作るさ 何でもアリ>と歌えば、シュントは<ここじゃ終われない 終わる気すらない>とクールなフロウをかまし、ソウタは<どんな過去があっても今日がスタート>と投下。<君と>というフレーズひとつにしても、手を強く引くリョウキと優しく導くレオで違う景色を描く。まさしく“この人が歌うしかない”と思える歌割りは、楽曲の強度をさらに強いものにした。

流暢な英語をレイが響かせ、マナトは沸々とした感情を甘いマスクの下に揺らし、最後は抜群の安定感でジュノンが締め括る。それぞれの個性が活きた、SKY-HIの「To The First」に負けない1曲を堂々と披露した。

[THE FIRST 合宿最終審査 / ステージ映像] To The First / ショウタ、ジュノン、レオ、リョウキ、ソウタ、マナト、ラン、レイ、シュント、リュウヘイ、ルイ

次回、次の審査に進む10人が決定

7月23日に放送される#17では、ボーイズへのサプライズや合宿最終審査の結果発表の様子が届けられる予定だ。次なる審査へ足を進める10人が誰なのか。ここからさらに加速していくボーイズたちの物語から目が離せない。

【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』#17放送&配信予定】
■2021年7月22日(金)朝8:00~『スッキリ』(毎週月~金曜朝8:00~10:25、日本テレビ系)
番組URL:https://www.ntv.co.jp/sukkiri/
※放送日時変更の可能性あり

■7月22日(金)20:00~『Hulu』
番組URL:https://www.hulu.jp/the-first-bmsg-audition-2021


この記事の画像(全98枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太