「輝かされるのではなく自らが輝く」SKY-HIが求めるネクストレベル【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#13】



新たに浮き彫りになったボーカルの課題

擬似プロ審査のボーカルレッスンでは、りょんりょん先生こと佐藤涼子が講師として参加。さまざまな表情を駆使して表現力を磨いていく際には、SKY-HIがレイの胸元を掴みガンを飛ばすという練習まで飛び出した。ジュノンには、SKY-HIに対して「お前になんか負けねえよ」とケンカを吹っかける試練も与えられた。

りょんりょん先生の課題に、人一倍苦戦したのはレオだ。リーダー気質で普段は弱音を吐かない彼も思いどおりに歌えない自分自身に対して、「心が折れそうになった」と今の心境を吐露。考え込み過ぎて、空回りしてしまっていた。

さらにSKY-HIから、「ここまで残っている人は本当に技術が高い人しかいない。ここで存在感を証明しておかないと厳しい戦いになるかもしれない」と辛辣な評価が告げられた。

プロとしての意識と責任

それぞれが自身に突きつけられた新たな課題に向き合っている一方で、レオはチームのことも考えていた。4日目夜の自主練の際にはメンバーを集め、「責任感を持ったほうがいいと思う」と切り出した。

「朝に自主練しよう」と確認しておきながらルイ・ジュノン・レイの姿がなかったこと、ルイが練習にサンダルで参加していること。チームの意識を高めようとするレオの思いを汲んで、ソウタも「自分が本当にその言葉を吐いていいのか、吐いた言葉を有言実行できるのか考えてほしい」と声をかけた。

そして、レオは「みんな弱いところはあるし、甘いところもあっていいと思う。だけど、ひとつ固いものを持っておかないと『Be Free』って曲がちゃんと生まれない」と締め括った。プロとしての意識と責任が欠けていたことをチームメンバーに自覚させ、次なるレベルへ歩みを進めた。

その後は時間が許す限り互いに確認し合い、パフォーマンスを向上させていく6人。最終確認時には、全員が納得いく仕上がりにまで持っていった。


心から放たれる“Be Free”

そして迎えた、擬似プロ審査当日。会場となる河口湖円形ホールには特設ステージが設置され、スーツに身を包んだボーイズたちが肩を並べる。ゲストには、SKY-HIの盟友であるちゃんみなが登場。ピリッと緊張が走るなかでのパフォーマンスとなった。

「Be Free」チームのステージ前には、SKY-HIが「あんなに狭い合宿所のボックスのひと箱の中でも、自由を感じる瞬間ってたぶんあったのではないかなと思う。そういう瞬間を込めたくて、『Be Free』という曲を作っております。非常に緊張するシチュエーションだと思うんだけど、そのなかで音楽や言葉の力を借りて、君たちのパフォーマンスで、君たちの才能で自由を掴み取って、自由をみんなに振りまいてほしい」と言葉を贈った。さらに、「ものすごく君たちのことを尊敬しているので、隣にいる人にリスペクトをつないだままパフォーマンスを最後までやり切ってください」とつづけた。

「Be Free」チームのパフォーマンスは、「これがデビュー前だとは思えない」という完成度。歌い出しでマナトが魅了すると、13歳とは思えないような色気をルイが放出。レイはきれいなだけで終わらない安定感ある歌声を響かせ、レオは不安を感じさせない余裕のスマイルを浮かべる。ソウタもファストラップも込みの長いフロウを鋭くかまし、ジュノンのエモーショナルな落ちサビを経てフィニッシュ。プロとしてデビュー前の6人がここまで仕上がったパフォーマンスができるのか、と驚きの感動を残したのである。

[THE FIRST 合宿擬似プロ審査 / ステージ映像] Be Free (Prod. Chaki Zulu) / ジュノン、レオ、ソウタ、マナト、レイ、ルイ

素晴らしいパフォーマンスにSKY-HIは、「覚えたものをパフォーマンスするのではなく、自分たちの音楽として表現する段階まで進めていたのがうれしかった」と絶賛。ちゃんみなも「今の日本の若い世代に、こんなにもキラキラしてて、アーティシズムがあって、クオリティが高い人たちがいるなんて……とにかく素晴らし過ぎた。ひとりのエンタテインメントオタクとして、本当に楽しいステージだった」と、高揚感を抑えられない様子だった。

次回、「Move On」チームは高難易度の振りに大苦戦!?

7月2日に放送される#14では擬似プロ審査の後編、「Move On」チームがパフォーマンスに臨む様子が届けられる予定だ。高難易度の振りに苦戦しながらどんな結果を残すのか、引きつづき目が離せない。

【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』#14放送&配信予定】
■2021年7月2日(金)朝8:00~『スッキリ』(毎週月~金曜朝8:00~10:25、日本テレビ系)
番組URL:https://www.ntv.co.jp/sukkiri/
※放送日時変更の可能性あり

■7月2日(金)20:00~『Hulu』
番組URL:https://www.hulu.jp/the-first-bmsg-audition-2021


この記事の画像(全99枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太