松本人志にとっての『最強のエンタメ』とは?千鳥・大悟の答えは「餅まき」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】松本人志に聞く「松本を超える芸人は?」。答えは「きっともう出てる」


『ツマミになる話』

18歳のとき、音楽の道に進むか、お笑いの道に進むか迷ったというノブコブ徳井。

「音楽はeastern youthっていうスリーピースバンドがいて、一番かっこよかった。お笑いは当然、ダウンタウン。ダウンタウンを超えるか、eastern youthを超えるか。18の少年は思ったんです。いろいろ考えた結果、ダウンタウンのほうが超えられるんじゃねえかなって(笑)」とお笑い芸人になったという。

そんな徳井が「お笑いと音楽が2強だと思うんですが、『最強のエンタメ』ってなんだと思いますか?」と議題を提示する。

これに少し考えて「1個浮かんだけどね」と松本。「ストリップじゃない?」と答える。「ストリップのエンターテインメント性はスゴいよ! エロだけじゃない」「何度か観に行ったけど、これはやっぱりプロフェッショナルやな」と語る。徳井が「全部ある。音楽も笑いも」と相槌を打つと、大悟も「泣くっていうよな」と同調。これに松本は「ハハハハ、それは俺知らんけど、ホンマ?」と問うと、大悟は「坂田師匠、泣くって言ってましたよ」とつづける。

松本は「泣く」という言葉に笑っていたけど、本当にストリップで「泣いた」という人は少なくない。ストリップには人間の感情が全部あるし、基本的にたったひとりで20~30分間、舞台を独占し、しかもその演出、選曲、振り付けまで自分がやるというエンタメはなかなかない。観たことがない人はきっとイメージが変わるから一度行ってほしい。

ちなみに大悟が思う「最強のエンタメ」は「近所の家が建ったときの餅まき」。

【関連】ノブ「売れるぞ」。大悟「スーパースターが出てきました」。千鳥絶賛のお笑いコンビ

『有吉クイズ』

ついにゴールデン進出で「これで最終回でいいんじゃないでしょうかね?」と有吉。時間帯は変わっても、チープなセットも番組のテイストも変わらず。

さまざまなゲストが変装して登場し、それが誰かを当てるクイズではまさかの関ジャニ・横山やMay J.、ロンブー淳などゴールデンらしい豪華メンツが出演。いずれも変装が完璧でなかなか正解にたどり着けない。

しかし、「誰が歌舞(かぶ)いているでしょうか?」のコーナーで歌舞伎の扮装をしたゲストが登場すると、それがノブであることをみちょぱが即答。確かにどう見てもノブ。『クイズ!THE違和感』の「ノブ違和感」などでも証明されているように、ノブの顔力の強さはスゴい。ノブ「こんなに塗ったのに!」。その後、歌舞伎の格好のまま解答席に座るノブも可笑しい。

『相席食堂』で「食ってみな。飛ぶぞ」の名言を残した長州力に、さまざまななおいしいものを食べさせて「飛ぶ」か「飛ばない」かを当てる「長州力“飛ぶぞ”タイムショック」もバカバカしい。次第に解答者たちから「飛べ!」「飛ぶな!」などというガヤが飛ぶのがまたバカバカしさを増す。全然飛ばない長州に有吉「飛び方、忘れたの?」。

毎回恒例、有吉の「プライベート密着クイズ」では、今回も写真家のレスリー・キーが登場。有吉がプランを考えて衣装を発注、それに合わせてレスリーがシチュエーションを用意して撮影することに。

有吉が考案した衣装は、日本髪にふんどし、『キル・ビル』のGOGO夕張、拘束マスク+ロリータ衣装、デニム地ビキニ+杖、日本人形の金太郎など、やはり変態度高め。さらにヨウジヤマモトの黒い衣装を身にまとい高岡早紀と2ショット撮影。めちゃくちゃカッコいい。高岡の前では「飲まれちゃった」と謙遜した有吉だが、スタジオでは「負けてないでしょ? がっぷり四つでしょ」と自画自賛。

最後は、前回のこのコーナーで“パートナー”に選んだ美人ドール・りりさんとの別れを写真に収め、涙を流す。その儚かった関係に「本当に幸せでした」と有吉。小峠「新婚の人がやる仕事じゃないですよ(笑)」。

全編、バカバカしくて最高で、多幸感に包まれたゴールデンSPだった。カレンダー販売してほしい。

【関連】有吉弘行という男の存在そのものが最高におもしろい


明日観たい番組:「佐藤健とガマンカップ焼きそば」など

『シンパイ賞!!』(テレ朝)「きつね&ZAZY怪しい私生活密着」。

『テレビ千鳥』(テレ朝)「佐藤健とガマンカップ焼きそば」。

『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)「バスケゲーム NBA」。

『ガキの使いやあらへんで!』(日テレ)「菅田将暉初登場!海女さん教室」。

『日向坂で会いましょう』(テレ東)「第3回 高瀬愛奈“それは盛ってるで~”」。

『関ジャム』(テレ朝)「3ピースバンドのギターボーカル特集」。

『ボクらの時代』(フジ)菅田将暉×Fukase×中村獅童。

『おしゃれイズム』(日テレ)に山本美月。『おかべろ』(フジ)に峯岸みなみ&高橋みなみ。


この記事の画像(全2枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太