矢部浩之「普通にやってたらええねや、って思えた」。“勘違い”が吹っ切れたきっかけ(てれびのスキマ)


昨日観た番組、そこで得た気づきを綴る連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日更新中の“てれびのスキマ”によるテレビ鑑賞記録です。


『人生最高レストラン』

ゲストは矢部浩之。

ナインティナインに出会ったころから、ちっちゃい岡村と男前の矢部というこのコンビは「絶対売れるんだろうなって思ってた」という加藤だが、当時は嫉妬もあり絶対口に出さなかったという。

極楽とんぼでは仕切りだった加藤は、番組で矢部が仕切ることに忸怩たる思いを抱えていたが、『とぶくすり-Hi[gh]-YAKU-』(フジテレビ)の2時間SPの際、分厚い台本をいちいちカンペなどを見ないでも流れが全部頭に入ってたのを見たときに「こいつ努力してるな」と気持ちがガラッと変わった瞬間があったそう。

最初、岡村がバーっと前に行くし、どんな先輩でもまず岡村をイジる。そのときどう思っていたかを聞かれ矢部は「最初『ええぞ、ええぞ』って思った。でもどっかで『行き過ぎや』ってなった。一緒に出てるけど(自分は)全然映ってないし、どんだけしゃべってもオンエアみたらしゃべってないし」「ずっと悩んでましたよ。『俺もおもろないとアカンねや』って、勘違いした」という。

そんな勘違いが2、3年つづいたが、それが吹っ切れるきっかけが、『明石家さんまのスポーツするぞ!大放送』(フジテレビ)。フリースロー対決で矢部がアスリート相手に真剣にやって勝利。

「俺自分でびっくりしてしまって。『え、盛り上がってる』と思って。で、初めてワンショットでバーンってアップで抜かれて。ほんだらバーッて寄ってきたのが相方。『うちの相方ですねん!』って。そしたら今田さんが『うちの後輩ですねん!』。さんまさんが『俺の番組や!』みたいなんで笑いになって。俺はなんにも笑い取ってへんけど、吹っ切れた」「普通にやってたらええねや、って思えた」と。

そんなさんまに、最初の5年ぐらい名前を呼んでもらえなかったという矢部「ある日、普通の話のときにポロッと『矢部が説明するから』。わ、初めて呼んでもらえた!って。めちゃめちゃうれしかったね」。

島崎和歌子から「先輩から厳しいダメ出しはあったか」と聞かれ「かわいがりみたいなのはあったかなあ。当時「よしもと男前ランキング」があって、それを番組で浜田さんがイジってはって、俺の写真だけバーンと膝で割った。オンエア観てて『あぁ、コワッ!』って(笑)」と矢部。「それを俺らはイジリやとまだ思えなかった」。YOU「(浜田の場合)イジリじゃないときが多いですからね(笑)」。

ダウンタウンが『ごっつ』などでやっていた笑いは自分たちはできないから別の方法を考えたのが『めちゃイケ』だったと回想する加藤。「岡村がはっきり言ってたんだけど、『俺らの中に天才はいねぇ』って。『だからみんなで一生懸命やろうぜ』って、全然違うことをやり出したっていうのが、たぶんよかったんだと思う」。矢部「対極やもんな。『めちゃイケ』のオープニングなんて大きい声出してるだけですからね(笑)」。

結婚後の話を聞かれ、矢部は「結婚して人間に戻れた」と『QJWeb』のインタビューでも話した花壇の花の話を。加藤「いま(矢部は)完全に帰還兵ですよ(笑)」。

『勇者ああああ』

「野田フレンドパークII」後編。

最後のアトラクションは「知られざる村上クイズ」。初級編が「村上の本名は?」という比較的簡単な問題だったのに対し、中級編は「村上がしている80万円の腕時計はこだわりとして文字盤を内側につけているのですが、誰をモデルにしたでしょうか?」と一気に難易度が跳ね上がる。

「誰もが知ってる有名人」「男性」「その業界の中では本田圭佑に並ぶ知名度」というヒントが出るが、誰も正解を導き出せない。答えは「パチスロライターの沖ヒカル」。さすが「P1層」直撃番組。

上級編は「村上の身のまわりの世話をしてくれる慈善団体『村上ガールズ』。そんな彼女たちから提案されたことでさすがに怖くて断ったことはなんでしょう?」という問題。

その答えは「誕生日プレゼントに冗談で女体盛りをリクエストしたところ『2皿になっても大丈夫?』と本気で返されたこと」。性行為はしない関係なので、さすがに友達関係が崩れちゃうと思い断ったそう。

「もう言わないほうがいい」「そろそろ守備に回ったほうがいい」とアルピーのふたりが村上に注意するが、村上は意に介さず「みんな笑顔なんです。誰も嫌な気持ちしてない」と笑う。『M-1』優勝の際には村上ガールズから動画が送られてきたそう。「泣いてるやつ。最高の友達でございます」。


『家、ついて行ってイイですか?』

麻雀帰りで地下室に住んでいるという76歳の男性の家について行くことに。

タクシーで名前を聞くと「南正人」と名乗る。その答えに「先輩だよ」「正人さん!」と驚愕するゲストの泉谷しげる。忌野清志郎らにも影響を与えた、伝説的フォークシンガーだという。

つづいて家について行ったのが、甲本ヒロトに憧れて音楽を始めたというウッドベースを弾く沖内辰郎さん。

THE HIGH-LOWSが解散したころ、満員電車の中でヒロトを見つけ「ファンなんで応援してます」と耳元で囁いたら、ニヤッと笑って「よかったら一緒にバンドやろう」と言ってもらったことがあるそう。ヒロトらしいエピソード。それが一生の宝になっていると言うが「今やってるバンドもすごい楽しい。ちょっとした縁ですごい人と今バンド組んでる」と語る。

そんな取材後、沖内さんから番組にメールが来る。南正人がステージ上で亡くなったから、取材VTRを遺族に見せたいと。

そういえばライブ中に亡くなったというニュースを読んだ!と、そのとき思い出した。南正人は「思いっきりギターを弾いていたんで弦が切れた。ほかのメンバーがそれに気づいて弦を替えるかほかの人にギターを借りようとしていたが、その準備をしているときに倒れた」と言う。

さらに驚くべきことに、沖内さんは、そのときバンドメンバーとしてそのステージに立っていたと。「すごい人と今バンド組んでる」と言っていた「すごい人」というのが南正人だったのだ。またもこの番組で起きた、ものすごい奇跡のような偶然に震えた。

今日観たい番組:和牛出演の『情熱大陸』など

『芸人記者ニュースマン』(フジ)MCは太田光&カズレーザー。ウエストランド、エイトブリッジ、三四郎・小宮、ティモンディ、納言、錦鯉ら。

『テレビ千鳥』(テレ朝)1時間SPで「ガマンすず」。

『ガキの使いやあらへんで!』(日テレ)は「手加減一切なし!ボロ勝ちソフトボール」。

『日向坂で会いましょう』(テレ東)はトーク企画「高瀬愛奈の“それは盛ってるで~”!」。

『情熱大陸』(TBS)は和牛。

『おかべろ』(フジ)にタカアンドトシ。

『ちびまる子ちゃんSP』(フジ)に伊集院光。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太