香取慎吾のスター感。出川「やっぱ似てるわ、SMAPって」(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2021年のテレビ鑑賞記録。


『充電させてもらえませんか?』

ゲストに香取慎吾。瀬戸内海の島々を巡りながら厳島神社を目指す旅。

出川が道を歩き、たまたま左の狭い路地のほうに目を向けるとそこに香取慎吾。「わっ、焦ったー!」「もうなんなんだ、この登場の仕方」「俺がたまたま左見たからよかったけど見てなかったらスルーして行っちゃうところだからね」。

その登場を撮り直すことになり、出川「この番組、テイク2とか絶対ダメだって言ったのにやったのがひとりだけいた。中居くん」「前も言ったな。やっぱ、似てるわ、SMAPって」。

やっぱりこの番組では香取慎吾のスター感がものすごい。彼に気づくとみんな一様にパッと表情が明るくなる。そして、大食い・早食いっぷりも驚異的。

『アノニマス』

香取慎吾、33年ぶりのテレ東ドラマ出演というのもさることながら、久々の地上波ドラマというのがうれしい。しかも、いわゆるキャラクター演技をする香取慎吾ではなく、クールで少し影のある役柄というのがいい。

こういう香取慎吾の演技は絶品で大好き。盟友である山本耕史がライバル的存在として登場する座組もいい。ふたりがやり合うシーンは胸アツだった。

そして、「友情出演」のキャイ~ンのふたりの登場にも顔がほころぶ。


『有田ジェネレーション』

第3回となる「敏腕マネージャー激推し芸人下克上ネタバトル」。

太田プロの納言を担当する吉村マネージャーが激推しするのは青色1号。ネタ終わり、ほかのふたりから、トガッていると告発を受ける上村。「人と仲よくするな」「そんなおもしろくないヤツとしゃべんな」と言っているとのこと。『ゴッドタン』でそのキャラで結果を出したばかりに「これでいいんだ」と思ってしまっていると。

それに対し「ボキャブラ時代はトガッてたから相方と言ってたよ。アニマル梯団としゃべるな。つまらないからって」と有田。

タイタンの爆笑問題、ダニエルズを担当する上原マネージャーが推すのがタカマッチ。リズムネタなのに、歌声は事前に録っており、それに合わせ口パクで演じる。口パクである必要性がまったくないのがスゴい。

「とんでもないの出してきましたねえ」と小峠。有田が「なぜ推してらっしゃるんでしょうか?」とマネージャーに尋ねると、「インパクト勝負」と解答。

なぜ口パクなのかを聞いても「録っておいたほうが安定感がある」「テレビを観たらアイドルもやっていた」と答えるタカマッチ。

そして、有田が下克上バトル挑戦者に選んだのは、本格派の青色1号ではなく「青色……タカマッチ」。

「終わりだこの番組!」と上村が言うと「ここでしか観られないんだもん!」と有田。仮屋「そうやって桐野さんを生んだんですよ!」。

今日観たい番組:アインシュタイン&インパルス板倉出演の『あちこちオードリー』など

『ロンドンハーツ』(テレ朝)は「Wドッキリ!芸人お悩み相談」第2弾。

『あちこちオードリー』(テレ東)にアインシュタイン&インパルス板倉。

『チマタの噺』(テレ東)にアンガールズ田中。

『志村友達』(フジ)に渡辺徹。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太