『M-1』感想戦、さんま「ただのテレビ」、ぺこぱ「敗者復活で残らなくてよかった」(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2021年のテレビ鑑賞記録。


『お笑い向上委員会』

向上ゲストに『M-1』王者のマヂカルラブリー、そのほかのゲストも『M-1』司会の今田耕司、審査員の中川家・礼二、準優勝のおいでやすこが、敗者復活戦から勝ち上がったインディアンス、敗者復活戦敗退のぺこぱ、司会の陣内智則というメンバーだったため、『M-1』の話題に。

笑い飯とマヂラブには優勝してほしくなかった、というさんまは、「お前ら優勝するつもりちゃうかったやろ? あのネタは」と尋ねると、「いや、バリバリ優勝しにいってましたよ」(村上)、「優勝するつもりないやつ、決勝まで行かないですね」(野田)、「お遊びのやつはあそこにいないですよ」(村上)と反論。

キョトンとして「そういう状態なの? あそこ」というさんまに、小田も「ホンマにM-1観ました?」と問う。「観たよ。テレビやないかい、単なる。テレビ番組やないかい」とさんま。

『M-1』を特別視する芸人が多い中で、あくまでも「単なるテレビ番組」のひとつという価値観を貫くさんまの対比がとてもおもしろい。「所さんが、『さんちゃん出てみよーよ』って言ってた」と所ジョージとのユニットで出場してみようかとうそぶく。

敗者復活戦で視聴者投票上位3組に残ったことに関して、ぺこぱ松陰寺は「実は僕ら敗者復活、めっちゃスベって。(自分たちでもその感覚が)ありましたよ。すげぇスベったなと思ったんですけど、知名度だけで3位まで残っちゃったんですよ」「もし僕らが敗者復活で選ばれてたら、絶対炎上してただろうなと思って。インディアンスってなったとき、ちょっとだけホッとしたんですよ」「お客さんもみんな“ぺこぱはスベってたのに3位に残ってるな”ってわかってたと思うんですよね」と冷静に分析。

やっぱり芸人自身は、自分たちの出来やほかの出場者がどれだけウケていたかなんて、実力があればあるほど自覚的なのだな、と思うし、それを度外視した結果が出かねないシステムは残酷だなあと思う。

『すべらない話』

今回は芸人のほか、「招待ゲスト」として三谷幸喜、R-指定、清塚信也が参加。彼らはトークの出番になったときだけスタジオに登場する趣向。

松本「ソニーのお笑いコンテスト」、小籔「渡部さん」、川島「美容院で松本と」、ジュニア「マネージャーのマリオ」、飯尾「牧場ロケ」、三谷「海水浴」、山内「お巡りさんのいない島」、大輔「すき焼き」、粗品「父ちゃんのボケ」、R-指定「韻」、兵藤「次女・ゆりのももみ」、川島「博多華丸の相談」、田中「歯の矯正」、松本「おぼん・こぼん師匠」、清塚「紅白歌合戦で演奏」、大輔「七味」、兵藤「お尻の病院」、山内「ゲスト福山雅治」、ジュニア「上方漫才コンテスト」、三谷「甲本雅裕」、川島「サックス」というラインナップ。

三谷、R-指定はいずれも聞いたことのある話だったけど、それこそがまさに「すべらない話」。何度聞いてもおもしろい。中でもMVSにもなった、三谷が伊藤俊人の臨終に立ち会ったときのことを話した「甲本雅裕」は、悲しさ、切なさの上に可笑しさが乗っていて、とてもおもしろかった。

同じように、粗品が父の死について語った「父ちゃんのボケ」もよかった。個人的には川島の「博多華丸の相談」に爆笑。


『ゴッドタン』

先日『アメトーーク!』にも出演した神宮寺しし丸に代わる、劇団ひとりの「舎弟」を探そうという「劇団ひとり新舎弟オーディション」。

そんな趣旨のため、ひとりに気に入られないといけないにもかかわらず、「言えるのは僕しかいない」とズバズバ批判する青色1号・上村がおもしろかった。「ひとりさんは腕はあるけど尊敬はされてない」「ライフスタイルがダサい」「ファッションも成金みたい」と。

ちなみに太田プロの養成所では、劇団ひとりのネタ『富良野支店』が教科書になっているそう。

今日観たい番組:「最高の目玉焼きを作りたいんじゃ!!」など

『アンタッチャブルのおバカワいい映像バトル』(フジ)に香取慎吾。

『シンパイ賞!!』(テレ朝)は錦鯉を特集。VTRゲストにザコシショウ。

『テレビ千鳥』(テレ朝)は「最高の目玉焼きを作りたいんじゃ!!」。

『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)は『ヒューマンフォールフラット』ゲストはフワちゃん。

『ガキの使い』(日テレ)は「恐怖のスーパークソ返しダービー」第2弾。

『おかべろ』(フジ)に深川麻衣、香里奈。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太