アンガ田中の「カニ」はラクーアで誕生。日々の観察が芸になった瞬間(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2021年のテレビ鑑賞記録。


『笑いダネ』

内村が「うれしかった」話として明かしたのは、第1回の『ザ・ドリームマッチ』(2005年)でのこと。ココリコ田中とコンビを組んで優勝した三村は、内村に電話をし「優勝しました。『内P』代表でがんばりました」と報告したという。三村「ダウンタウンさんとかとそんなに絡む前だったので、緊張してて。でもなんか“内村さん軍団”みたいなのを背負ってる感じもあったから」。

宮川大輔は、約10年前の内村と松本人志との食事会の話を明かす。松本から「ウッチャンと飲みたいねんけど」と言われセッティングした宮川。『イッテQ』の収録のときに内村に伝えると「松っちゃん、言ってるの? いいよぉ」と返答。ほかのメンバーは松本に委ねたそう。

宮川は当日、30~40分前にお店に到着。内村と松本はほぼ同時刻にやって来て、そのあとに松本が呼んだ宮迫が合流。最後に来たのが三又又三だった。「俺、腹立って」と振り返る宮川。「三又さんは大先輩やけど、なんで来んねん!って」。

堀内健とアンガールズがゲストのパートでは、田中の「カニ」誕生秘話をホリケンが語る。20年以上前に堀内・大木・田中で「スパ ラクーア」に一緒に行ったそう。風呂のヘリに寝転んで、誰がうまく風呂に落ちるかという遊びをしていたとき、手足の長い田中のもがき方がおもしろく「網で揚げている松葉ガニ」みたいだという思いが頭の片隅にずっと残っていたと。

それから約10年後、生放送の『27時間テレビ』でホリケンが「出たな、カニの怪物!」と突然ムチャ振り。そこで田中がやったのが「カニ」の原型だった。「普通カニって言われたらこう(カニの手を上向きに)やるじゃないですか。俺がすげえなって思ったのは、こう(手を下に向けた)だったんですよ」とホリケン。田中「ちょっと前に水族館のロケがあって、タカアシガニを見てたんです。ああ、カニってこうなんだなって思ってて」。

日々の観察が瞬時に生かされ、それが代表的なギャグになったと思うと、改めてすごさを感じる。

『霜降りバラエティ』

おいでやす小田が進行役ということで「おいでやバラエティ」というタイトルコールから始まる。「R-1グランプリ(の出場資格)がなくなってしまいました。この番組しかないんや!」「ルシファー、ヒューマン! 聞いてるかぁ!?」と叫ぶ小田。

そんな彼に「M-1優勝おめでとう!」とせいや。対して「よく観るよ、2パターン撮っときましょうって。俺ら、あるかぁ!」と再び叫ぶ小田。この収録の翌日が準決勝だったようで、決勝の結果はおろか進出も決まっていないころ。小田の反応からも、ピン芸人同士のユニットである“おいでやすこが”が決勝に勝ち上がり、最終決戦3組まで残るなんてどれだけ現実味がなかったかが窺える。

せいや「最終決戦の小田さん観たいですわ。ラスト3組の小田さん、めっちゃオモロイですよ」、小田「笑てまうよな(笑)」。


『教場II』

今回もいくらなんでも問題児が多過ぎだろとは思うけど、おもしろかった。前作に引きつづき、やはり木村拓哉が木村拓哉たらしめる重要な要素には「緊張」というものがあるんだなと改めて。自分にもまわりにも「緊張」を強いることで発揮される強烈な“木村拓哉感”。

続編を作る気満々の終わり方だったので、つづくのは既定路線だろうけど、連ドラで観たい。絶対に連ドラ向きだと思う。

あと、明石家さんまはああいうかたちのカメオ出演だと、再現ドラマで観る“ほいけんた味”が強くなる。

今日観たい番組:森川葵がフォーク曲げに挑戦

『有吉ワールドリポート』(TBS)テーマは「ドラッグ王」「正統派ユダヤ」「人身売買」など。

『家、ついて行ってイイですか?』(テレ東)4時間半SP。

『ねほりんぱほりん』(Eテレ)は「“LGBT”カップルのもとで育つ子ども」。

『TOKIOカケル』(フジ)に関ジャニ∞。

『それって!?実際どうなの課』(日テレ)は森川葵がフォーク曲げに挑戦。

『世界SF作家会議』(フジ)に新井素子、藤井太洋、高山羽根子、小川哲。

草刈正雄主演『おじさまと猫』(テレ東)開始。声の出演に神木隆之介。

アニメ『BEASTARS』(フジ)第2期開始。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太