男性芸人にモテモテの向井、兼近。ハナコ岡部のモテ理由は……(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


選ぶ側も選ばれる側も、男性芸人が全員女子化。

『ロンドンハーツ』

9年前に一度行った「もしも俺が女子だったら…この人と付き合いたい!」という大好評企画を再び。「大好評なのに間隔空き過ぎ」と山内がツッコむと、9年前に参加した亮は「なんやねんこの企画?って思ってるでしょ。でも、選ばれると不思議とうれしい」と語る。実際、選ぶ側が「女子だったら」という企画だが、選ばれる側がどんどん「女子」化していくのがおもしろい。

山内は3位にりんたろー。、2位に向井、1位に兼近と「王道」で「面食い」なラインナップ。以下、シュウペイは3位から岡部、濱家、兼近。小宮は兼近、草薙、向井。りんたろー。は兼近、ジャンポケ斉藤、向井。さらば森田は岡部、向井、兼近。四千頭身・後藤は津田、濱家、向井。岡部は松陰寺、シュウペイ、向井という結果。前半を終えて7人中6人(4人が1位)に選ばれた向井と、7人中5人(3人が1位)に選ばれた兼近が激戦。そんな中で「性欲も強そう」とハナコ岡部が2票入っているのがおもしろかった。

『脱力タイムズ』

ゲストは銀シャリ橋本。橋本がVRを体験中、スタジオが変化していくという“間違い探し”に。「DNN」という番組ロゴが「D&G」(ドルチェ&ガッバーナ)になっていたり「VR最前線」というフリップの文字が「CR最前線」になっていたり、スタジオの大きな地球儀のセットがなくなっていたりと、気づくとおおー!とテンションの上がる“ビンカン選手権”を思い出す仕かけ。「こういうバーを開いてほしい」と橋本も必死で間違いを探すが、最後に残った間違いは、スタッフに相方の鰻が紛れ込んでいるというもの。橋本「お前がなじみ過ぎや!」。

さらにVRを体験すると、今度は出演者が青嶋アナらに総入れ替えされ、硬派な報道番組の世界に。さらにVRをすると、『ワイドナショー』の世界に。「何もないとき、そんなわけないやろの東野」「静観のときの松本」など原口とJPのものまねがさらに深化していて絶品。

番組最後にはアリタが橋本に「気づいてほしかったですね」とある“間違い”があったことを指摘。「テレビを観ている人たちはオープニングからツッコんでたと思う」と。実は、橋本にはこれが1月8日にオンエアするものだと伝えていた。確かにオープニングでは、アリタと小澤アナが「この時期といえばお鍋」と語り、どの鍋がいちばんいいか、いつものように言い争いになり「幸先悪いですよ、新年1発目でしょ?」と橋本が制し「あけましておめでとうございます」「明るい年になればいいな」などと挨拶していた。「全然予習してもあかんわ、『脱力』すごいわ……」と脱帽する橋本。カットがかかると「なんかがんばろうって思いますね……」とひと言。

『イグナッツ!!』

りんたろー。に島崎和歌子から番組への感想メールが届くという。その内容は「照明が弱い」。確かにR-指定の顔が暗く映っている。その流れで番組の低予算っぷりの象徴として「カメラが7台だけどカメラマンひとりで撮っている」ことを明かす兼近。「(ラップで)お題7つよりムズい」とR-指定。兼近「気、遣うんだよね、こういう(横の)動きをしたらズレるから」。

番組後半では雑誌取材の模様を公開。「4人の中で今年いちばんモテた人」という質問にCreepy Nutsのふたりは「ダントツで」「日本規模で」兼近と答える。だが、兼近はりんたろー。を選択。本人も「その場に出向いてる。戦ってる」と。逆に兼近は「俺は試合に出してもらってない」。想いを寄せられているだけなら兼近だが、実際に相手と接しているならりんたろー。だと。これを聞いてCreepy Nutsも「めちゃくちゃカッコいい」「物腰柔らかい」「ダメなところ見せてくれる」「優しい人」とりんたろー。を絶賛。

りんたろー。も「じゃあ、俺でいい?」とうれしそう。続く質問は「いちばん調子に乗ってる人は?」これには兼近が「ぶっちぎりでりんたろー。さん」と即答。りんたろー。「その(質問の)順番悪意あるでしょ! 踊らされた!」。

今日観たい番組:『ゴッドタン』で「私の落とし方発表会」など

『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(フジ)。

『勇者ああああ』(テレ東)はアンガールズ、ドランクドラゴン、はなしょーで「RIFUJIN」。

『ゴッドタン』(テレ東)は朝日奈央、納言・幸、阿佐ヶ谷姉妹・江里子の「私の落とし方発表会」。

『あざとくて何が悪いの?』(テレ朝)にフワちゃん。

『伯山カレンの反省だ!!』(テレ朝)にJO1。

『SWITCHインタビュー 達人達』(Eテレ)は「柄本明×鮎川誠」。

西島秀俊主演『ノースライト』(NHK)前編。



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太