仁支川峰子&井筒監督、大御所への意外な相性のよさを発揮する宮下草薙の草薙(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


トラ、ヒヒ、ブルと仁支川峰子を猛獣にたとえる草薙

『かりそめ天国』

宮下草薙・草薙が仁支川峰子と「大人のデート」ロケ。ロケを振り返り「トラですね。あんなにしゃべる人に初めて会いました」「ヒヒですね」「ブルって感じ」と、仁支川峰子を猛獣にたとえる草薙。

VTR明け「厳しいロケだねぇ」と有吉。マツコは「久々に誰も手を抜いてないロケを観た」と絶賛。草薙と大物との相性のよさに「シリーズ化」を示唆するマツコに、有吉「死んじゃう。やめちゃうと思う(笑)」。

『シンパイ賞』

大御所(=井筒監督)への楽屋挨拶をシミュレーションする企画。宮下草薙が登場。ここでも挙動不審な様子がおもしろがられ、気に入られる草薙。連絡先まで教えてもらうも、登録しようとして間違えて電話をかけてしまった草薙。折り返し電話がかかってくるも「めちゃくちゃ無視してる。怖くて……」。

YouTubeでネタを見せたかが屋・賀屋に対しては、監督らしく録音方法にダメ出しする井筒。本当にコロナ以降、配信を観る機会が増えたけど、音声の大事さを痛感する。音声が不安定だと、それを聴き取るストレスでなかなか没入できない。

「フワちゃんみたいに」と挑んだ永野、監督の懐への入り方が凄まじかった。まず『ガキ帝国』を讃えているうちに自然とタメ口に。「連絡は糸電話をしなよ」「高利貸しだよ、見た目」と当たり強めな言葉も浴びせ、笑わせる。「今度、オーディションに来いな」と言われるほどのハマり方。

『バナナサンド』

ゲストはブラックマヨネーズ。『M-1』優勝ネタの「ボウリング」の書き起こしを見ながら濃厚なお笑い論。ブラマヨのスゴさを「ボケとツッコミを超えた人間と人間のぶつかり合い」「ボケてツッコむというセオリーをぶっ壊した」などと解説しながら、「これは間違ってないですよね?」と度々確認する設楽に「はい、合ってます」と即答する吉田。

吉田の自画自賛スタンスはいつ見てもおもしろい。このネタはこれまでの作り方を変えた1本。だから初めて舞台でかける際は「めちゃくちゃ緊張したんですよ。これがウケへんかったら、俺らどっからやり直してええかわからへん」という吉田。「やったら、うめだ花月でおろしたんですけど、劇場の壁が割れんちゃうかいうくらいウケた」。

これに手応えを感じ『M-1』準決勝のためにあえて「温存」したという話や、「堺」や「梅田」「上本町」など大阪の地名をそのまま使うために東京の知り合いに意味合いが伝わるかデータを取ったという話など、興味深い話連発。

彼らの話を契機にバナナマンとサンドウィッチマンが『キングオブコント』の“敗因”を語ったのも刺激的だった。日村「たぶん俺、かかったんだろうな。自分でかかってるかどうかわかんないんだけど」、設楽「でも俺は、いつもより早いと思ってるから、遅らせよう遅らせようとする。そうすると、お互いがズレてくんだよね」、富澤「僕らも『キングオブコント』の最後がそうでした。東京03がウケたから」。

微妙なテンポのズレでウケ方が大きく変わっていくのだなと、その難しさを改めて感じた。

今日観たい番組:『マツコ会議』にJ.Y. Park

『SWITCHインタビュー 達人達』(Eテレ)はOfficial髭男dismのボーカル藤原聡×脚本家・古沢良太。

『ゴッドタン』(テレ東)はニューヨーク、鬼越トマホーク、ヒコロヒー、岡野陽一による「気づいちゃった発表会」。

『そろそろ にちようチャップリン』(テレ東)ではザコシショウ、錦鯉がネタ披露。

『マツコ会議』(日テレ)にJ.Y. Park。

『激レアさん』(テレ朝)は「スマホで撮った動画をスマホで編集し1本の映画に仕上げて、15歳で国際映画祭の優秀賞を最年少でとっちゃった人」。

森崎ウィン&高城れにの『彼女が成仏できない理由』(NHK)がスタート。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太