霜降り&キスマイ宮田の、大化けしそうな「夢が叶う」新番組『サンパチスター』(てれびのスキマ)

2020.9.8

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。

番組のOP曲・ED曲は粗品が作詞作曲

『サンパチスター』

芸人が書いたネタをアニメキャラ=声優が演じるネタ番組。MCは霜降り明星とキスマイ宮田。『勇者ああああ』で天津・向が「オタク界の黒船」と評した組み合わせ。

粗品は、番組のOP曲・ED曲共に作詞・作曲を手がけ、会議にも参加する力の入れよう。OP曲を聞いた宮田が「いわゆる電波ソングみたいな感じ。キスマイにこういうのないんで、カバーさせてもらっていいですか!」というほどの完成度。歌詞もそれっぽくて素晴らしい。

内田雄馬と古川慎が扮する正統派漫才コンビ「ルージュブル」は、内田が相槌の代わりにおならを連発するというネタで、書いたのはジャルジャル。「正統派」とは名ばかりで、ジャルジャルらしさ全開。

双子コンビ「カフェラテ」は杉田智和が一人二役で演じるという声優ならではの試み。そのネタを書いたのは粗品。途中「長門みてぇな反応すんな!」といった、ファンにはたまらないであろうツッコミも。「(『銀魂』の)銀さんと(『涼宮ハルヒの憂鬱』の)キョンっぽくやってください」とリクエストしたという粗品に、せいや「この番組、最高やないか! 夢が叶う!」。

もしかしたら「ヒプマイ」のような大化けの可能性もあるんじゃないかと思った。

『クイズ!THE違和感』

番組マスコットの「チビノブくん」をウザがる流れを知らないであろう土屋太鳳が、ひとりだけ「かわいい!」と反応しているのが彼女らしくてよかった。

水鳥が水面を並んで走るのは「結婚相手にふさわしいか見極めるため」という答えを受け、土屋は「私が結婚する相手がいたら、絶対に富士山に登ろうと思います」と語る。「一緒に歩めるのかどうか。疲れたときにどういう風に手を差し伸べてくれるか」。

「ノブ違和感」は、松野明美と森脇健児の顔がノブに。「『オールスター感謝祭』はオリンピックです!」と森脇。その『感謝祭』で一緒に走ったことのある土屋は「ラスト1周くらいで(森脇に)『スパートかけろ!』って言われて。スパートかけたら、私ちょっと死ぬなって(笑)」。

『相席食堂』

先週の「ロケスター発掘!青田買いSP」に「さんまと覇権を争った男」として森脇健児が登場。「青田買いじゃねぇよ!」とノブ。もうひとりはアジャコング。そのロケ技術の高さに驚き「一番うまいかも。出てくれた人とかじゃなくて日本で。ロケが一番うまい人かも」と絶賛する大悟。森脇との出来を比較し、「もりわき~」と嘆くノブ。

『有田ジェネレーション』

ゲストに初登場のフワちゃん。だが「2年前、この番組のオーディション落ちてるから!」と言い、ひな壇のレギュラー陣に向かって「あんたたち以下だから!」と笑う。オーディション時の映像が流れ「新しいトルコアイスの売り方」というネタをしているかつてのフワちゃん。『ひかくてきファンです!』で流れたピンネタも今回も、どちらもサイレントネタというのが興味深い。

今日観たい番組:「かまいたちが心配なんじゃ」など

『私の家政夫ナギサさん』(TBS)特別編。

『ロンドンハーツ』(テレ朝)は「女性タレント取扱説明書」。

『テレビ千鳥』(テレ朝)は「かまいたちが心配なんじゃ」。

『チマタの噺』(テレ東)は東野幸治の後半&武井壮。

『石橋、薪を焚べる』(フジ)にナイツ塙。

『スジナシ』(TBS)に志尊淳。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(TBS)開始。


この記事が掲載されているカテゴリ

  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

ARTICLE LIST

てれびのスキマさんの関連記事一覧

てれびのスキマさんの
新着・人気記事をお知らせします。