せいやラップに粗品とR-指定がタジタジ(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


せいや「明日も明後日も来年も目輝かしてふたりで死んでいくんだよ!」

『霜降りミキXIT』

せいやが提唱した「第七世代」はもともと「お笑い」に限ったわけではなく、ミュージシャンや俳優なども含めて言っていた。その中にも入っていたCreepy Nutsがゲスト。

まずは、ラップにも定評があるせいやが、R-指定とフリースタイルバトル。当然、せいやのスキャンダルをイジっていくR-指定にせいやは「お前俺のスキャンダルイジってるんだろう? じゃあ俺のほうがよっぽどR-指定じゃねぇか!」と見事に返す。観客判定なら負けていただろうとR-指定。

相方を褒め合う「コンビ愛ラップバトル」では、せいやは粗品に激しいディス。「うまいだけにヒドい」とR-指定。最後のターンで、それまで褒めていた粗品がディスり始めると一転し、褒めに転じ、熱くなるせいや「たまにインタビューの記者が言う『霜降りさんはケンカしないんですか?』 するかボケ! だからふたりでここまで来たんじゃ! お前ら誰や! 『M-1でお前ら終わった M-1でそこが天井だ』 馬鹿野郎! 明日も明後日も来年も目輝かしてふたりで死んでいくんだよ!」そのわけのわからない展開に粗品「夢……?」。

『しくじり先生』

『しくじり先生』は伊集院光先生による「セガ」のアーケードゲームのしくじり。『R360』や『AS-1』、『犬のおさんぽ』など「業界初」「革命」にこだわり過ぎたゆえに生まれた怪作を紹介。当然「しくじり」と言いながらも、いずれも偉業なわけで、めちゃくちゃおもしろい。94年に、すでにVRを使った『VR-1』を開発。2016年が「VR元年」と呼ばれたことに対し、このゲームの製作者は「じゃあ、俺らは紀元前か?」。

『旅猿』

先週の『旅猿』。ゲストはこれが地上波復帰となるチュートリアル徳井。「久しぶりに芸人さんと絡みますけど、やっぱり芸人さん声デカいですね」と徳井。活動再開となった無観客配信の漫才について「今まで味わったことのない変な緊張」だったと振り返る。「あんまよけいなこと考えたらもう持ってかれるから、意識が。とにかくフルテンションで、マックスで集中して、もうガッてやるしかない。一世一代の勝負みたいなとこあった」と。

番組ではその後、怪談話を聞くために会議室へ行く予定が、会議室の扉が開かないため行けないというあり得ないトラブル。徳井「扉が開かないってロールプレイングゲーム以外であるんですか?(笑)」。

キュウ単独公演『ヒーローは遅れて飛んでくる』

本当に、本当に久々のお笑いライブ観劇で、やっぱりライブは楽しいなあと実感。

今日観たい番組:『ロンハー』で「一夜限りのコヨーテ復活」完結編

『ロンドンハーツ』(テレ朝)は「一夜限りのコヨーテ復活」完結編。

『チマタの噺』(テレ東)に東野幸治。

石橋、薪を焚べる』(フジ)に松本隆(後編)。

『志村友達』(フジ)に八代亜紀。

『テッパンいただきます』(フジ)にバカリズム、奈緒。

『あちこちオードリー』(テレ東)にロバート、渡辺直美。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太