「りーもこ」ムラムラタムラの勢いがすごい(てれびのスキマ)

2020.7.18

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。

小峠と数々の“激闘”を繰り広げたアングラ芸人

『脱力タイムズ』ゲストはバイきんぐ小峠。小峠の私服チェックの際、登場したのはスーツ姿の「田村アナ」。一瞬気づかなかったけど、よく目を凝らして「あ!」と思った直後、やっぱり服を脱ぎだし、見覚えのある衣装になる田村アナ。その姿に小峠は「おい、お前、りーもこだろ!」と叫ぶ。そう、田村アナの正体は『有ジェネ』でも小峠と数々の“激闘”を繰り広げたアングラ芸人・ムラムラタムラ。予想外の登場に小峠も「ムラムラタムラ」の名前がとっさに出てこず、彼のギャグの「りーもこ」のほうで呼んでしまう。「なんちゅう世界観してるんだよ!」「なんでお前の時間こんなに長えんだよ!」「スタジオで喜んでるの有田さんだけだからな!」と矢継ぎ早にツッコむ小峠だが、完全なる「りーもこワールド」と化す。今週だけで『水曜日のダウンタウン』『脱力タイムズ』につづけざまに登場したムラムラタムラ。勢いがすごい。

『シンパイ賞』は『ネタジェネバトル』での「話が盛り上がっていたのに太田のいつもどおりのイジりで未公開になってしまったトーク」などの未公開集。ナイツは内海桂子の名前を出したとき「知らん!」と粗品がツッコんだ話を。土屋は「『誰だそれ!』とツッコんでいいのは『みなさんご存じ』と枕詞がついたときだけ」と主張。エノケン・ロッパすら知らない粗品の“知らなさっぷり”と昭和芸能にやたら詳しいせいや、コンビとしての対比はとても興味深い。ニューヨークは、いつものように第七世代ディスり。それを喜々として話すのは情けないと爆笑問題に言われると「霜降りの悪口がステロイドみたいになってる」と屋敷。

「お笑い第七世代を脱退させてほしい」と主張する宮下草薙の宮下。第七世代の中で「格差がすごい」のだと言う。草薙は第七世代を誕生石にたとえ、霜降り明星はダイヤモンド、四千頭身はサファイア、EXITはルビー、自分たちは「トルコ石」だと。秀逸。草薙は「『第7キングダム』とか第7世代の勝負の番組には俺らちゃんと1本も呼ばれてない」と明かす。確かに。けど、あえて距離を取っているのかと思ってた。

話を進めるうちに関係のない話を挟む太田に「宮下が今からトークしようとしてる! 話の腰を折らないでください!」と叫ぶ草薙もとてもいい。だが「脱退させてほしい」という宮下の主張を“本気”で受け取り話していると、最終的に宮下は「番組を盛り上げるために言っただけ……」と変な空気に。「かかってる」宮下がトーンダウンしていく流れはいつもおもしろい。それが宮下のかわいげになってる感じがする。

『ぴったんこカンカン』、ゲスト堺雅人の「憧れの人」として東京03が登場。飯塚と角田がいつもネタ作りをしているファミレスは、堺が台本を覚えるところとたまたま同じだそう。堺は東京03のコント台本を見せてもらうと「カッコいいねえ!」と目を輝かせ、リモート単独公演で飯塚が間に苦心していたことをうれしそうに回想する。「堺さんはファンの向こう側に行ってる」と笑う飯塚。堺を加えた4人のユニット「東京04」としてコント「同期会」を披露することになり、「まぁじで!」と歓喜する堺がかわいらしすぎる。『半沢直樹』テイストで堺がたっぷり間を使ってボケると、ツッコミで反射的に叩いてしまう飯塚。堺「うれしいよなぁ~!」。

今日観たい番組:「コンビ愛確かめ選手権」後編など

『伯山カレンの反省だ!!』(テレ朝)にスピードワゴン小沢。

『ゴッドタン』(テレ東)はキングコング、ぺこぱ、空気階段の「コンビ愛確かめ選手権」後編。

『マツコ会議』(日テレ)はヒロシがゲストの後編。

『人生最高レストラン』(TBS)に片岡愛之助。

『謎解き×クイズ Xからの挑戦状』(テレ朝)第2弾放送。


この記事が掲載されているカテゴリ

  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

ARTICLE LIST

てれびのスキマさんの関連記事一覧

てれびのスキマさんの
新着・人気記事をお知らせします。