JO1がJAMと宇宙へ!? 宇宙実験プロジェクトに参加&公式アンバサダー就任を発表

2022.5.20
JO1 (c)LAPONE ENTERTAINMENT

(c)LAPONE ENTERTAINMENT
文・編集=QJWeb編集部


グローバルボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」が、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟で、唯一宇宙空間にさらされた船外の実験スペースを活用した曝露実験プロジェクト『スペースデリバリープロジェクト-RETURN TO EARTH-』に参加し、公式アンバサダーに就任することが発表された。


與那城奨「心の底からワクワク、ドキドキが止まらない」

5月25日にリリースされる2NDアルバム『KIZUNA』の発売を記念して、宇宙産業における総合的なサービスを展開するSpace BD株式会社の協力のもと、アルバムのジャケット写真やJO1とJAM(JO1のファンネーム)のロゴを印刷した金属板のプレートをロケットに積み込み、ISSへ打ち上げる。

ISSに打ち上げられる金属板プレート
ISSに打ち上げられる金属板プレート (c)Space BD

この実験プロジェクトは、宇宙空間に金属板プレートを約6カ月間触れされたのちに地球に帰還させるというもの。公式アンバサダーに就任したJO1は、日本人アーティストとしては初めてとなる宇宙空間を活用した新しいエンタテインメント領域の創出にチャレンジしつつ、本プロジェクトを帰還まで盛り上げる予定だ。

また、プレートが搭載されたISSは一定の条件がそろえば地上からも確認が可能。『KIZUNA』に収録される「流星雨」は“流星群が見える夜空の下で、永遠に君と一緒でありたい”と願うラブソングであり、「宇宙空間を旅するJAMとJO1の“絆”に思いを馳せながら、世界中のどこからでもこのプロジェクトを一緒に楽しむことができる」という。打ち上げは、2022年度内を予定されている。

本発表に際して、JO1のリーダー・與那城奨のコメントも届けられた。

「今回、僕たちJO1がなんと!宇宙実験プロジェクトに参加することになりました!! 僕たちの1STシングル『PROTOSTAR』から始まり『STARGAZER』そして『The STAR』で僕たちが星になれたあの日から、このような貴重な機会に携われること本当に嬉しく思っています。僕たちの思い、そして、僕たちを支えてくれたJAMの思いをのせてこのプロジェクトに参加します。このような貴重な機会を頂いて本当にありがとうございます。心の底からワクワク、ドキドキが止まらないプロジェクトになっていますので是非皆さん応援よろしくお願いします!」

【関連】“国民の旦那”=與那城奨が主演作『交差点前』で演じたキュートな愛され男

QJWebを応援してくださる方、サポートをお願いします。今後の運営に活用いたします。

この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太