“国民の旦那”=與那城奨が主演作『交差点前』で演じたキュートな愛され男【JO1初主演ドラマ『ショート・プログラム』レビュー】

2022.3.13
與那城奨/『交差点前』より

(c)あだち充・小学館/吉本興業
文=吉田可奈 編集=森田真規


2022年3月4日にデビュー2周年を迎えた、11人組のグローバルボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」。あだち充の同名短編集を原作に、彼らがそれぞれ1話ずつドラマ初主演を務めた『ショート・プログラム』が3月1日よりAmazon Prime Videoにて配信されている。

QJWebでは、このドラマの概要と見どころを記したレビューを1話ずつ掲載していく。第5回は、與那城奨が主演を務めた『交差点前』を紹介する。

JO1主演『ショート・プログラム』30秒|Amazonプライムビデオ

JO1の愛されリーダー

JO1の大黒柱であり、最年長でありながらも、少々天然なキャラクターで、メンバーみんなからツッコまれる愛されリーダー、與那城奨。結成から2年、ほかのメンバーだけでなく、JAM(JO1ファンの名称)からも「奨君がリーダーでよかった」と言われるほどの包容力を持つ彼の歌声も、聴けば安心するほどの温かさと強さを持つ。

與那城奨/『交差点前』より
與那城奨/『交差点前』より

キュートで愛らしいすれ違いを描いた物語

そんな彼が“竹地春彦”として主演を務めるドラマ『交差点前』は、毎週火曜日、2時45分に交差点の向こうから歩いてくる女性に恋をする物語。この時間を楽しみに、でもドキドキしながら待ち、いつか話しかけようと胸に決めながらも、一歩踏み出すことができない春彦はとてもキュートで愛らしい。

その女性を演じるのは、看護師をしながら女優、コスプレイヤーとして人気を集めている桃月なしこ。美しいだけでなく、どこか不思議な雰囲気をまとう彼女にひと目惚れをするのも納得だ。さらに、春彦のバイト仲間である杉山克明を演じるのは、舞台・映画・ドラマで個性的な役から正統派な役までカラフルに演じこなす実力派・柾木玲弥。杉山がおもしろがりながら、春彦をけしかけるシーンも必見だ。

與那城奨と桃月なしこ/『交差点前』より
與那城奨と桃月なしこ/『交差点前』より

“国民の旦那”とは正反対のキャラクター

與那城が主演と聞いて、多くの人が大人の恋愛を期待したことだろう。ふと垣間見せる色気や、年齢を重ねているからこその落ち着き、JAMからは“国民の旦那”と言われるほど理想を抱かれているからこそ、今回のドラマ制作が発表されて、多くのJAMがそう期待したはずだ。

しかし、春彦は、そのすべてにおいて正反対である。キュートで、ジタバタとしたキャラクターなだけでなく、彼女が宇宙人であるかもしれないというぶっ飛んだところまで考えてしまう姿に、笑わずにはいられない。ただ話しかけられず、相手の実態を掴めないからこそ頭の中に広がる妄想を、ここまでおかしく、かわいらしく作り上げてしまう春彦のことを、嫌いになる人はいないはずだ。しかも、想定外、予想外のことに対して、すべてマジメに捉えてしまうのも、マジメでまっすぐな與那城と重なり、かわいらしさにつながるのだろう。

今作は原作の短編を大胆にリアレンジしているが、毎日見かける気になる人へのドキドキ、戸惑い、妄想、さらにその女性側からの気持ちもしっかりと描かれ、より春彦とその女性を応援したくなる仕上がりになっている。それくらい、短時間の中にキャラクターそれぞれがしっかりと描かれているのだ。さらに、演出として、春彦は映画が好き、コーヒー好きという設定も與那城に寄せている。そういった作り手の愛も感じる今作は、多くのJAMに響くことだろう。

俳優として、新たな経験を積んだ與那城奨。JAM側の意見として、大人の恋愛の作品もいつか観てみたいと願ってやまない。

『ショート・プログラム』ときめくキャラ紹介 竹地春彦(演:與那城奨)|Amazonプライムビデオ

【関連】JO1初主演ドラマ『ショート・プログラム』レビュー


この記事の画像(全5枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • JO1初主演ドラマ『ショート・プログラム』 (c)あだち充・小学館/吉本興業

    JO1初主演ドラマ『ショート・プログラム』

    配信開始日:2022年3月1日(火)よりAmazon Prime Videoにて独占配信中!
    作品ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B09PQRYF97
    出演:大平祥生、川尻蓮、川西拓実、木全翔也、金城碧海、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨ほか
    原作:あだち充
    脚本:山浦雅大、守口悠介ほか
    監督:渡部亮平、菊地健雄、上村奈帆、土屋哲彦、益山貴司、森谷雄
    プロデューサー:北橋悠佑、森谷雄、斎木綾乃
    制作:アットムービー
    製作:吉本興業
    (c)あだち充・小学館/吉本興業

    1話読切の短編集。あだち充ならではの青春感や切なさがふんだんに注ぎ込まれた作品集を、JO1メンバー全員が主演を務め、世代を超えて、現代に生きる視聴者にも共感・共鳴できるドラマに仕上がった。


Written by

吉田可奈

(よしだ・かな)エンタメ系フリーライター。著作『シングルマザー、家を買う』『うちの子、へん?』(共に扶桑社)が発売中。音楽、映画、声優、舞台、アイドル、オタク事が得意。現在は『InRed』、『steady.』(共に宝島社)、『NYLON JAPAN』(CAELUM)、『ダ・ヴィンチ』(KADOKAW..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太