Aile The Shotaのデビューまでを総まとめ。BE:FIRSTも憧れるポテンシャル

2022.1.26

文・編集=QJWeb編集部


SKY-HI(スカイハイ)が率いる会社「BMSG」が仕かけたオーディション『THE FIRST』に参加し、BMSG所属アーティストとして2022年1月5日にデジタルシングル『AURORA TOKIO』でデビューを飾ったAile The Shota(アイルザショウタ)。

SKY-HIから「一緒にいてくれたら、いろんなことがやれるなと思ってる」と言われた彼のオーディションでの軌跡を振り返る。

【関連】Aile The Shota『IMA』楽曲レビュー。楽曲のカラーを形作っている“主人公になる声”


SHOTAプロフィール

SHOTA(ショウタ)

1998年3月15日、東京都生まれ

『THE FIRST』での順位
・2次審査:18位
・3次審査:5位
・クリエイティブ審査:2位
・擬似プロ審査:9位
・合宿最終審査:4位

BE:FIRSTメンバーによるSHOTAの第一印象

RYOKI ブレイズでいかついのにしゃべり方が爽やかだから、最初のころは怖かったな。
SHUNTO すれ違ったとき、ボイトレの先生だと思ったもん。「この人に教えてもらうんだ!」って。
JUNON SHOTA君が、一番前の席に座っててさ。入りにくくて「マジで最悪!」って思ったもん。
SOTA 俺なんて「君さー、知ってるよ! SOUCHINでしょ? やばー、受けてんだ!」とか言われて。半端ねえやついるじゃんって思ったもんな。
RUI 僕は、やっぱり「YOLO」ですね。めちゃめちゃ積極的なSHOTA君は、僕の憧れの人でした。
RYUHEI SHOTA君は、本当にチームのキャリーですよね。自分が何もしていないのに一緒に連れて行ってくれるから、ついていけばいい。
LEO 「チームに向いてないのかな」って悩んだ時期があったじゃないですか。でも、一緒に過ごしてきた俺らからすると、審査を重ねるごとにSHOTA君はチームにいてほしい存在になっていってたというか。

【『あの日のTHE FIRST』レポート#3】より
BE:FIRST

躍進した3次審査

SHOTAが大きく順位を上げ、最初に頭角を現したのが3次審査だ。SHOTAは、SOTAがリーダーを務めたチームBに所属。SKY-HIからは「実力派ぞろいだからこそ圧倒的なパフォーマンスじゃないと、期待していたほどではなかったと思われる可能性もある。だから、圧倒的なものを見せてほしい」とプレッシャーがかけられたが、一丸となり課題曲SKY-HI「Sexual Healing」に臨んだ。

本番のパフォーマンスでは、オリジナルの立ち位置からスタート。それぞれの個性を強く押し出した表現で勝負に出た。そんなチームBに対してSKY-HIも「SOTAがダンスが素晴らしいのは知っていたんだけど、集団の中でリーダーとしてどうなのかなって思っていて、それを翔太がうまくサポートして、このクオリティのパフォーマンスを24時間で作ったのは誇っていいことだと思います」と絶賛。順位発表では、SHOTA個人としても高い評価を受けた。

SKY-HI「集団の中で輝くものを持っている。そのポテンシャルがあるなら、チームになじまなくてもいい」

【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#7】より

リーダーとしての葛藤

クリエイティブ審査では、自身の作詞作曲経験を活かしてグループに貢献。メンバーのそれぞれのよさを活かしながら意見をまとめていく姿には、SKY-HIも「SHOTAがリーダーシップを完璧なかたちで発揮している」と絶賛だった。

しかし徐々に審査が近づくにつれ、焦りや自信のなさから悩むメンバーの姿も。チーム最年長のSHOTA自身も「自分の中の意識が、メンバーを気遣うほうに傾き過ぎちゃってる。それがクリエイティブなのだろうか」と、不安を口にしていた。

そして積もり積もった想いで、6日目の中間発表の直後に突然の涙。「チームのことを考え過ぎていて、全然自分が出せない」と想いを吐露した。いつになく弱々しい背中にSKY-HIは、「よくあんなチームをまとめてくれたよ」と声をかけた。

そのあとのリーダーSHOTAは、息を吹き返したように動き出す。パフォーマンスのクオリティを上げるためにショウタがメンバーを招集。「一番はみんなが楽しんでほしい。リーダーとしては、5人で次の審査へ進みたい」という熱い想いで再び前進した。

そして迎えた、クリエイティブ審査。チームCが作り上げたのは、「YOLO(You Only Live Once)」という楽曲だ。“人生は一度きり“なんて聞くと重苦しく捉えてしまうかもしれないが、彼らが作り出したのは思わず口ずさみたくなるハッピーソング。

SKY-HIも思わず両手を掲げ、飛び跳ねて、その音楽を楽しんでいた。パフォーマンス後には、「言葉がないです。ひとりの音楽を愛する人間として、こんなかたちの音楽を今日観られたことが本当にうれしいです」とコメント。そしてこのチームのリーダーを務めたSHOTAは、個人評価で「第2位だけど、同時にMVP」と評価を受けた。

SKY-HI「最も大変で最も美しく、最もグループにおいて価値のある行動をこの10日間ずっとしていました。一番感動したのは作詞・作曲未経験のメンバーが楽しそうにクリエイティブへ臨んでいたこと。それをさせられるのは、プロのアーティストでも簡単なことではない」

【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#11】より

SHOTAにとって『THE FIRST』とは?


この記事の画像(全11枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太