ホラー映画の巨匠・ロメロ監督の未発表映画が初上陸 依頼者が慄き、封印された理由

2021.7.14

文・編集=QJWeb編集部


ゾンビ映画の第一人者のジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手がけた幻の未発表映画『アミューズメント・パーク』が、10月15日(金)より東京・新宿のシネマカリテにて公開される。


ホラー映画ではなく、ロメロ監督の視点で現実を映し出した

ロメロ監督といえば、1968年に公開されたゾンビ映画『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』が大ヒット。一躍“ゾンビの神様”となった彼は、その続編として制作した『ゾンビ』(1978年)が大当たりし、ホラー映画の巨匠として多くのフォロワーを生む存在となった。

今回公開が決まった『アミューズメント・パーク』が発見されたのは、今から3年前のこと。元々は、年齢差別や高齢者虐待について世間の認識を高めるため、ルーテル教会がロメロ監督に依頼した企画だったが、でき上がった作品は老人の悲惨な状況が容赦なく映され、あまりにもストレートに当時のアメリカ社会を描いていたため、依頼者が慄き、封印されたという。

解禁された予告編では、「外は楽しくない」と落胆するボロボロの老人(リンカーン・マーゼル)に対し、きれいな装いの老人(同じくリンカーン・マーゼル)が「自分で確かめる」と言い、意気揚々と外出する。しかし若者たちで混雑する「アミューズメント・パーク」では老人は邪魔者扱い。スリにも遭い、人々は老人に厳しい。「誰もが行きつく先…」というテロップが観るものの目を覚まさせ、そして老人は「何も…何も…何もないんだ」と嘆く。老人のうしろ姿を捉えたカットの、その肩の落ち方が凄まじく、観ているこちらもいたたまれなくなる──米国の高齢者虐待問題を容赦なく描写した問題作となっている。

ホラー映画ではなく、ロメロ監督の視点で現実を映し出した封印作品が4Kレストアされ、日本初上陸。一般公開に先駆け、新宿シネマカリテで開催中の映画祭『カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2021』内では、ロメロの命日である7月16日(金)に同作が先行上映される。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太