NONA REEVES新アルバム『Discography』より第1弾MV「Seventeen」公開

2021.7.1

バンド「NONA REEVES」の17枚目のアルバム『Discography』より、ミュージックビデオ第1弾「Seventeen」が7月1日にYouTubeで公開された。


MVにはメンバー3名とプロデューサー、17歳のダンサー2名が出演

1997年にメジャーデビューしたNONA REEVESは、西寺郷太、奥田健介、小松シゲルからなるトリオバンド。ソウル、ファンク、80年代ポップスなどに影響を受けた独自の音楽スタイルで支持を集めてきた。メンバーはそれぞれ、バンド外の活動も積極的に行っていて、西寺は音楽プロデューサー、作詞・作曲家、執筆、MCとして活動し、ソロアルバムを2枚リリース。奥田は作曲家、ギタリストとして活動し、4月に「ZEUS」名義で初のソロアルバムをリリース。小松は佐野元春、オリジナルラブ、YUKIなどのサポートドラムとして活動している。

2020年には、タワーレコード内に新レーベル「daydream park records」を設立し、ニューアルバムからの先行配信第1弾となる楽曲「Disco Amigo」が、映画『遊星王子2021』エンディングテーマに採用されたNONA REEVES。今回公開されたMVにはメンバー3人とプロデューサーの冨田謙、さらに曲名にちなんで17歳のダンサー2名(KAI、moririn)が出演している。

ニューアルバム『Discography』の発売日は9月8日で、アルバム収録曲は、「Seventeen」「Disco Amigo」ほか、全10曲。7月1日からは、7月23日に代官山UNITで一十三十一をゲストに迎えて開催されるライブイベントの配信観覧チケットの販売もスタートする。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太