m-floが語る差別とアイデンティティ「日本人にも韓国人にもなりきれない」「目の色が違うからダメ」

2020.1.15


憎しみ、嫌い、人種差別をオブラートに包んで曲にする

TAKU LISAちゃんはそれでなかなかきっかけがつかめなかったり、つまずいちゃうところがあって。

LISA それが8年なんですよ。「つまずいて、つまずいて、つまずいて」っていうのがこれだけ長いと、「もう辞めようかな」って本気で思いました。歌は自分の個人の趣味にして、好きなライブハウスで好きなバンドメンバーとやってれば、差別は受けないし、文句も言われないじゃないですか。でもそこで、もう「本当にだめだ」っていう時に、TAKUとVERBALの「The Rhyme Brokers(※2)」っていう曲に友情参加したりとかして、そこから「もう一曲やろうよ」って作ったのが「been so long(※3)」だったんです。

まだその時点では、LISAが正式メンバーになるっていう話じゃなかったんだけども、「一緒にやってみない?」っていう話があって。それで私も、「本当に私でいいの? 本当にいいんだったら、私の歌が欲しいのであればやります。でも、LISAにとってもこれが本当に最後」っていうところまで来てたから、m-floには今までの「つまずいて、つまずいて」っていうのがすごいパワーになって出ているし、今後もっとそれが出てくれば、みんながもっと感じられればうれしいですね。

m-flo / been so long

TAKU 「been so long」は、うまいぐあいにドキュメンタリーにできたよね。LISAの今までの経験とか、VERBALの思ってることとか。

LISA あの曲はメロウに聞こえるんですけど、根っこはhate(憎しみ)なこととか、dislike(嫌い)とかracism(人種差別)とか、そういうところから来てる曲なんです。でも、それをストロングにガーッて出さないで、オブラートで包んだ感じなんだけど。

VERBAL あの曲をラブ・ソングだっていう人が多いし、そういうふうに解釈されても全然いいんですけど。

TAKU 自分が好きに解釈すればいい曲だから。「待ってる」っていうのがテーマだからね。みんな待ってるものとかあるじゃないですか。

LISA  私は涙流して自分の人生のことを話してて、VERBALとか横で「うん。まあ、泣かないでよ。まあまあ、抑えて抑えて」っていう感じで少しずつできていって。それはうれしい曲です、LISAとしては。

日本だと、喜んでいると「調子に乗ってる」になる

※2:1998年10月にリリースしたインディーズ盤デビューシングル「The Way We Were」に収録。

※3:1998年12月にリリースしたインディーズ盤セカンド・シングル。メジャーデビュー盤「the tripod e.p.」にも収録。


この記事が掲載されているカテゴリ

春日正信

Written by

春日正信

(かすが・まさのぶ)1970年広島県生まれ。音楽雑誌『remix』元編集者。DJ/ギタリスト/アマチュアモデラー/ライター。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太